俳優・金児憲史(43)と楊原京子(39)夫妻に19日、第2子となる女児が誕生した。20日、楊原が自身のインスタグラムで報告した。

【写真】おめめクリクリ!生まれたての赤ちゃんとの2ショットを公開した楊原京子

 楊原は「4月19日、2882g元気な女の子を出産致しました お陰様で、母子共に元気です」と伝えた。第1子に続き、第2子も帝王切開での出産となったという。「2度目もやはり緊張しましたが、院長先生、麻酔科の先生、看護師さんのお陰で、無事元気に取り出して頂き、感謝でいっぱいです」とつづった。

 生まれたばかりの我が子との2ショットも投稿。「10ヶ月お腹の中で繋がってた命。小さいながらも力強い産声を聞いた時は、ありがとう、、という思いで涙が出ました」と感動を伝え、「最初の頃の検診では、男の子かなぁ...と言われていたので、女の子と知った時は、ほんとに夫婦で驚き! 早くもお腹の中からサプライズしてもらいました」と振り返った。

 また、夫・金児も涙を流して喜んでくれたと明かし、「家事も育児も一緒に楽しみながら全力でやってくれるパパのもとに生まれてきた子供達は幸せ者だなぁと思います 私はせめて... 家の中を明るく照らせるよう、顔晴りたいと思います!」(原文ママ)と記した。

 金児は、2000年に石原プロモーションが主催して「21世紀の石原裕次郎を探せ!」と題された新人オーディションで見出されてデビュー。06年のドラマ『下北サンデーズ』で楊原と出会い、14年9月14日に入籍。21年1月の石原プロ解散に伴い、楊原の事務所スタッフ・テンに移籍した。

 楊原は、1998年の昼ドラマ『命賭けて』『ピュア・ラブIII』をはじめ多数の作品に出演するほか、NHK『土曜スタジオパーク』司会や、バラエティー番組『虎乃門』では井筒和幸監督とコンビを組み「こちトラ自腹じゃ!」で人気を博してた。金児と結婚後、2020年5月に第1子となる男児を出産した。