タレントの山之内すず(20)がボーカルを担当したデジタルシングル「あの子になりたい (feat. 40mP/山之内すず)」が20日、配信リリースされたことを記念し、都内でトークライブイベント「『1 PICTURE 1 STORY』“あの子になりたい”トークライブ」が開催された。

【動画】ダンスを生披露する山之内すず&エミリン

 『1 PICTURE 1 STORY』は、「生きづらい世の中」をテーマにイラストレーターが自由に想像した1枚のイラストから着想を得てストーリーや楽曲を制作し、新しいエンターテインメントを展開していく「原案・原作」IP創出プロジェクト。今回はその第3弾コンテンツとして、原作『私たちの友情は永久不滅★』からのインスパイアソング「あの子になりたい (feat. 40mP/山之内すず)」が完成した。

 原案となるイラストはAdoの「阿修羅ちゃん」MVイラストなどを手がける寺田てら、ストーリーはチャンネル登録者数154万人超えの人気YouTuber・エミリンこと大松絵美が担当。完成した原作『私たちの友情は永久不滅★』を基に、ボカロP/音楽プロデューサーの40mPが「あの子になりたい」を作詞作曲し、山之内がボーカルを務めた。

 山之内が自身名義で楽曲リリースするのは今回が初めて。「昔から音楽が好きで、音楽に支えられ、救われてきた人生なので、すごく大切なものだからこそ、『私の曲です』という出し方はできなくて…。今まで『曲出してみませんか?』とお声がけいただいたことはあったんですけど、音楽が大好きだからこそ、そこに向かってずっと生きてきた人がいるなかで、他のお仕事から来て、ただ自分の知名度だけで、歌がめちゃくちゃうまいわけでもないのに奪ってしまうことになるので、全部お断りしていたんです」と説明した。

 今回は「みんなで作り上げる」ことに魅力を感じたといい、「私に務まるかはわからないけど、直感で『私、これやりたいな』と思って」挑戦。「本当に共感できる歌詞がたくさんあって、私のことを支持してくださっている同世代に伝えたいなと思う言葉がたくさんあって、本当にこの楽曲に参加できてよかったなと心の底から思います。歌うのって好きだなと改めて感じたし、音楽を通してでしか伝わらない刺さり方というのがあると思っているので、普通の私が、ありのままの自分が、心から通じるものが何かあればいいなと思いました」と話した。

 作詞作曲を担当した40mPのファンだったことも明かした山之内は「ニコニコ動画が好きだったので、小学生の頃から40mPさんの楽曲を聴かせていただいていて」と興奮気味。「あの子になりたい」を最初に聴いたときに、「『この曲めっちゃ好きやな』と思って、『どなたが作られたんですか?』と聞いたら40mPさんだと言われて『まじか!』と思って。40mPさんの他の楽曲ももう一回いろいろ聴き直してから、この楽曲を聴いて、聴けば聴くほど歌詞が頭に入ってくるし、ポップな曲調で、かわいらしい印象の中にみんなが本当に共感できるような歌詞がたくさん刻まれていて、これをいかに聴き心地よく聴いてもらえるように私はどうしたらいいんだろうとすごく悩みました。でも歌うのが楽しくて、ボイトレの時間もレコーディングの時間も全部めちゃくちゃ楽しくて、音楽っていいなと改めて思いました」と声を弾ませていた。

 トークライブイベントの冒頭では、ミュージックビデオを解禁。また、山之内のYouTubeチャンネルで「あの子になりたい」の“踊ってみた”動画を22日に公開することも明らかに。イベントでは山之内とエミリンによるコラボダンスも生披露した。