俳優の林翔太と田村芽実が20日、東京・サンシャイン劇場で上演されるミュージカル『弥生、三月-君を愛した30年-』開幕直前取材に参加した。

【集合カット】田村芽実&岡田奈々も登壇!制服姿の豪華キャストたち

 今作は人気脚本家・遊川和彦が監督のもと2020年3月に公開された映画のミュージカル版。運命で結ばれた2人の30年を3月だけで切り取った激動のラブストーリー。主人公の“サンタ”こと山田太郎を林翔太、彼が濃い心を抱く同級生の弥生を田村、2人の親友で物語の鍵を握るサクラを岡田、ストーリーテラーとなる太郎の息子・あゆむを神里優希が演じる。

 主演の林に絶大な信頼を寄せているという田村は「存在が歩く空気清浄機。そこにいるだけで癒される落ち着く存在。癒される座長」と笑顔を見せ、岡田も「優しいオーラをまとってて。稽古場にいくと『元気?』って聞いてくれて。え! 優しい、かっこいい、紳士って」と感激。神里も「僕にも聞いてくれます」と盛り上がった。

 これを受け林は「こういう時代だから体調管理をしないとね。あまり考えないでいました」と照れ笑いしつつも「普通にいたつもりではありますが、コミュニケーションをとって、30年を演じるので稽古期間1ヶ月あって時間が足りない気がしてしまうので、なるべくお話できたらなと」と心がけていたそう。

 田村いわく「水飲むタイミングもないくらいに忙しい」ほどの出ずっぱりの林と田村だが、林は「水を冷凍庫で冷やして、僕がやってないときは田村がやってくれて逆に僕も『冷やしといたよ~』って」と気遣い合っているそうで、田村も「アイシングですね。整体の筋肉を和らげたりしています」と二人三脚ぶりを見せていた。