5月13日に全国公開、Netflix版として4月28日に世界配信されることが決定している劇場オリジナルアニメ映画『バブル』に女優の広瀬アリスが参加していることが発表された。

【動画】劇場アニメ『バブル』特報映像

 本作は、アニメ『進撃の巨人』で監督を務めた荒木哲郎と、その『進撃の巨人』を手がけたWIT STUDIOが再タッグ、脚本は『魔法少女まどか☆マギカ』などの虚淵玄、キャラクターデザイン原案は「DEATH NOTE」「バクマン。」の小畑健、音楽は澤野弘之と、トップクラスのクリエイターが集結したプロジェクト。世界に降り注いだ泡<バブル>によって重力が壊れた東京で、少年と少女の想いが引かれ合う物語の主人公ヒビキを俳優の志尊淳が演じる。

 広瀬は、ヒビキらと行動を共にしながら、世界中に降り注いだ泡<バブル>を調査する科学者・マコトという、物語のカギを握る重要な役どころに起用された。アニメや漫画好きを公言している広瀬は、今回はオーディションを経て、マコト役を獲得。出演決定の知らせを聞いたときは、「大好きなアニメ『進撃の巨人』の荒木監督に会えればそれだけでいい。そんな思いでオーディションを受けたので、出演が決まった時の方が緊張しました」と当時の心境を語っている。

 実際にアフレコに臨んだ時には「いろいろなプレッシャーを感じてしまい、震えてしまいましたが、全力で頑張りました」とかなりの緊張した様子で、実際に本作の世界観に触れたときは「本編は未完成でしたが、それでもリアルと虚構の美しい世界、とてつもない躍動感、映像に込められている熱量に興奮しました」と、未完成ながら、本作の世界観に魅了されたことを明かした。また、観客として、「とにかく豪華なクリエイター、豪華な声優の皆様が集結した映画なので、わたしもいち観客として早く完成版が観たいです!」と本作への期待を語っていた。

 アフレコを経て、広瀬について荒木監督は、「広瀬アリスさんは収録時に大変に緊張されており、仕事に真面目なお人柄を感じて、大好きになりました! 元気でお茶目でありつつも、知的な一面を持つマコトというキャラクターにもピッタリだったと思います! 素晴らしい演技をありがとうございました!」と、広瀬の人柄にすっかり魅了された様子だった。

 さらに、追加キャストとして、『甲鉄城のカバネリ』無名役の千本木彩花、『進撃の巨人』アルミン役の井上麻里奈という荒木組の経験のある2人の出演も決定。出演にあたり、二人とも非常にうれしかったようで、アフレコ収録の様子に関して、千本木は「今作も、変わらず監督やスタッフさん達と熱量を共有しながら楽しく収録させていただきました」と語り、井上も「躍動感、清涼感、そして画面いっぱいに広がる瑞々しさに終始ワクワクしながらアフレコしていたので、完成が今からとても楽しみです」とコメント。二人ともアフレコをしながら作品の魅力を十二分に感じたようだ。すでに解禁されていた、宮野真守、梶裕貴、畠中祐を含め、劇中でどのような活躍を見せてくれるのか楽しみだ。

■第72回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門正式出品

 ドイツ現地時間2月10日から20日の期間で開催される「第72回ベルリン国際映画祭」に本作の正式出品が決定。出品されるのは、ティーンエイジャーや子どもの世界を描く作品を対象とした、ジェネレーション部門。「Generation 14plus」と「Generation Kplus」の2つのコンペから成り、若者向け映画の発信地として独自の地位を確立している。本作は「Generation 14plus」にて上映される。

 今回の正式出品を受け、荒木監督は「ベルリン映画祭への『バブル』のご招待、大変驚きました。今まで自分たちの作品がそのような場に持ち運ばれることはなかったので、本当に光栄に思います。ありがとうございます!」と喜びの気持ちを込め、「映画や自分が試されていると同時に、これまでの監督仕事で積み上げてきた、仲間たちとの仕事のすべてが、いま試されているのだと思います。どこまで届くのか見届けたいです。よろしくお願いします!」と、コメントを寄せている。