タレントのマツコ・デラックスがMCを務めるバラエティー『マツコ会議』(毎週土曜 後11:00)の15日放送では、人気アーティストがマツコに晒した意外な本音を特集する。

【写真】初共演で語り合ったマツコ・デラックス&星野源

 まずは、昨年8月に出演したOfficial髭男dism。これまで、プライベートについてメディアで滅多に話すことがなかった4人だが、実は山陰出身のイメージが全面に出すぎて悩んでいた。実際にヒゲダンの4人がマツコと話してみると至って等身大で、それぞれの趣味はカレー作りやサウナ、魚釣りといったもの。まったく飾らないヒゲダンに対して、「ジジイだね(笑)。でも、こんなもんよ実際」とマツコも語る。

 続いては、昨年3月に登場したYOASOBI。代表曲「夜に駆ける」が、ストリーミング累計再生回数で史上初となる7億回を突破。常にファンを魅了し続ける2人だが、急激なブレイクに戸惑う本音を告白。Ayaseが「芸能人の方って、どういう風に折り合いをつけて普段過ごされているんですか?」と質問すると、マツコは「本当に悲しい話なんだけど、割り切るか断ち切るかしかない」と売れっ子の芸能人の宿命を語る。さらに、ikuraがマツコにぜひ相談したい話した悩みとは…。

 そして、昨年2月に登場したのは音楽家、俳優、文筆家など、さまざまな分野でファンを魅了し続ける星野源。5大ドームツアーでは33万人を動員し、コロナの自粛期間にはSNSで「うちで踊ろう」を発表、社会現象を巻き起こし日本を元気付けた。「せっかくだから闇トークしましょうよ」と、マツコが星野の表現者としての本音に迫っていく。星野は、ライブで盛り上がったあとに帰宅してもなかなか眠れず、ぐるぐる回っている洗濯機をずっと見ていると言う。マツコも「わかる。すごい安定する。この間、乾燥機まで全部見た」と意気投合、表に出る立場ならではのトークが始まる。