日本の民間人としては初めて国際宇宙ステーションに滞在し、大きな話題を呼んだ実業家の前澤友作氏が、16日放送の日本テレビ系『行列のできる相談所 祝20年!3時間SP』(後7:00)に出演する。“宇宙プロジェクト企画”の集大成としてスペシャルMCの明石家さんまのいる地上のスタジオと宇宙をつないでの中継が実現した。

【写真】宇宙での無重力を公開した前澤友作氏 地球を撮影した様子も

 番組では昨年10月から大型企画として、さんまがロングインタビューをしたり、宇宙に飛び立つ3日前、カザフスタンで隔離生活を送っている前澤氏と中継を結び、最後の訓練の様子や心境を伝えるなど、この挑戦を追ってきた。今回はついに宇宙へ飛び立ち、国際宇宙ステーションに滞在している前澤氏とさんまをはじめとする『行列』メンバーが中継で対面する。

 前澤氏が無重力をうまく操りプカプカと登場すると、ベテランの東野幸治や後藤輝基も「うわぁすごい!」と大はしゃぎ。さんまも国際宇宙ステーションのモニターに映る自分を見て「あれ俺!? 本当につながってる!」と大興奮する。実はこの“地上の映像が国際宇宙ステーションのモニターに映る”システムはバラエティー初の試みとのこと。

 「民間人らしい実験をいっぱいやってみたい!」と言っていた前澤氏の言葉に便乗し普通、宇宙飛行士にはなかなお願いしにくい宇宙実験を依頼。「おならをしたら、前に進むの?」「宇宙では身長が伸びるの?」「宇宙で“ムーンウォークやってみて!”」「宇宙なら“魔法のじゅうたん”って出来るの?」…そしてさんまからは「そろそろ飽きてない?」と意表を突く質問をする。