『クイール』『マリと子犬の物語』『犬と私の10の約束』『僕のワンダフル・ライフ』など、犬と人との絆を描いた名作は古今東西数多く作られているが、今年、新たに『ハウ』が小説と映画で展開される。ワンと鳴けない優しい犬とちょっぴり気弱な青年の物語。小説は2月7日発売、映画は今年夏の公開を予定している。

【動画】映画『ハウ』超特報映像

 小説は、『キセキ-あの日のソビト-』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』『余命1ヶ月の花嫁』とこれまで人と人とのあたたかいつながりや大切な人への思いを、丁寧に描き続けてきた脚本家・斉藤ひろしが担当。今回、自身が温存してきた愛犬と過ごした大切な思い出をエッセンスに物語を執筆した。

 映画は、斉藤から偶然、ハウの物語を聞いた小池賢太郎プロデューサーのもと、監督は『ジョゼと虎と魚たち』『最高の人生の見つけ方』など数々の作品で人々の感情や繊細さを細かく丁寧に描いてきた犬童一心が務める。自身も愛猫の記事を書くなど動物愛にあふれる犬童監督が、原作者の斉藤と共同で脚本を練り上げ、小説とは少し違った魅力的な世界観で犬と人との絆を描く。

 解禁されたティザービジュアルの中央に写る仔犬がこの物語の主人公・ハウ。私たちに大きな愛を与えてくれるすべての犬の象徴として天使のように表現されている。コピーでは、飼い主を匂わせる人物から、声を失ったハウへの問いかけが描かれ、これから始まる〈ハウと私〉の物語への想像を膨らませるものとなっている。

■斉藤ひろし(原作・脚本)のコメント
 子どものころ、我が家に一匹の野良犬が迷い込み、そのまま家族の一員となりました。 犬は友であり、私の庇護者でもありました。締め切りに追われ、筆も進まぬまま、愛犬と過ごした日々を思い出していたある夜、 この物語が降りてきました。

 犬が私たちに示してくれる愛と友情の深さは理解不能なまでに無限大です。きみ、いったい、何者なの? わたしはずっとこの不思議な存在を小説にしたいと思っていました。人間の都合で声を失った犬が、傷ついた人々に生きる勇気を与えてくれるお話。

 そんな物語に小池賢太郎プロデューサーが共感してくださり、犬童一心監督の手で映像化されることとなりました。犬童監督は作家として無闇に妥協迎合しない厳しさで創作にのぞみ、なおかつそれが自然と良質なエンタテインメントを生み出してしまうという、映画に愛された人です。皆さんに、この作品を観て陽だまりのような温かさを感じていただけたら幸いです。

■犬童一心(監督・脚本)のコメント

 「ハウ」は神さまからの贈り物。その旅の中でいくつもの傷ついた心を見つけ寄り添っていく。どんな時も人を信じきる在り方、そのイノセントな魂に心揺さぶられます。毎日撮影をしながら、その瞳の輝きに何度もグッときてしまいました。「ハウ」は、今こそ必要な、他人を思いやる想像力が姿を現したかのようです。きっと、今一番望まれているものがそこに見えて来ます。

■小池賢太郎(プロデュース)のコメント

 2016年春、脚本家、斉藤ひろしさんと、ある映画の脚本の打ち合わせをしている最中に、偶然にもこのハウの物語をお聞きして、深く感銘を受けたことを今でも覚えております。あれから、月日が経ちましたが、今の時代に、映画化が決定して、皆さまに、この物語をスクリーンで見ていただけることを本当にうれしく思っております。犬童一心監督の思いや、斉藤ひろしさんの思いを一身に受け、躍動するハウの勇姿を是非、楽しみにして頂けたらと思います。ハウという一匹の白い犬の存在感。その大きすぎる魅力に、皆さまの驚く顔を想像すると、今からわくわくします。