TRFのDJ KOO(60)が、13日放送のフジテレビ系『アウト×デラックス』(毎週木曜 後11:00)に出演。漫才日本一決定戦『M-1グランプリ』について、毎年優勝予想を行い、過去に“3連単”を的中させていることを明かした。

【写真】サングラスをかけていなかった DJ KOOの素顔

 この日は、『M-1』ファイナリストのコンビ・スーパーマラドーナがゲスト出演し、同大会へのあこがれをトーク。途中、南海キャンディーズの山里亮太が、後方席のKOOへ「ずっと優勝予想とかされているんですよね?」とふると、「そうですね。お笑いの方は大好きなんで、優勝予想もさせていただいたり」と、ただならぬ愛を語った。

 スーパーマラドーナについて、KOOは「スタンダード漫才ではピカイチですよね」と表現し、ゲストを喜ばせる場面も。一方、「2018年の霜降り明星さんが優勝したときの、霜降りさん(1位)、和牛さん(2位)、ジャルジャルさん(3位)の“3連単”を僕当てさせていただいた」と胸を張り、マツコ・デラックスからは「3連単?」と驚きの声があがった。

 スーパーマラドーナの武智が「僕らも出てたんですけど、(優勝予想に)僕らは入れなかった?」とツッコむと、KOOは「当てにいきましたから」とニヤリ。さらに、ナインティナインの矢部浩之から「今年(の予想)はどうやったんですか?」と聞かれると、KOOは「今年はファイナルラウンドのオズワルドさん、錦鯉さん、インディアンスさんは、僕もう11月の時点から出してました」と余裕をもって答えた。

 これにマツコは「この人審査員にしたら? (武智じゃなくて)こっちがM-1おじさんよ」と語るなど、スーパーマラドーナのお株を奪った。この姿にツイッターでは、「世間的にはKOOさんがMおじです」「真のM1おじさんは DJ KOO さんだった…」など、共感の声が集まった。