女優の佐々木希(33)が、最もジュエリーが似合う著名人に贈られる『第33回 日本ジュエリーベストドレッサー賞』の30代部門に選出され、13日、都内で行われた表彰式に出席。イベントに絡めて「ご主人からはジュエリーをもらうことも…」という際どい質問が飛ぶと、明るい笑顔を浮かべながら「すみません、その質問は…」と制止した。

【動画】夫・アンジャッシュ渡部の質問に困惑する佐々木希

 続けて「この賞を報告したい人は」と向けられると「まだしていなくて…家族、母親とかですね。祖母だったり母にジュエリーを借りて、おでかけをしたり。母にもプレゼントしたことありますし、もらったよと伝えたいですね」とにっこり。

 3歳になる息子の反応について「ジュエリーと関係なくなってしまうかもしれないですが、お仕事のメイクのまま帰ったり、濃いめの時は『いつもと違うね』と言ってくれたりすることがあります。私はすごくかわいいなと思っています」と母の顔もチラリ。今年の抱負について「お仕事も頑張りつつ、家族との時間も大切にしていきたいと思います」と声を弾ませていた。

 そのほか、10代部門に女優の芦田愛菜(17)、20代部門に女優の広瀬アリス(27)、40代部門にモデル・タレントのアンミカ(49)、50代部門に女優の真矢ミキ(57)、60代以上部門に女優の宮崎美子(63)、男性部門に俳優の北村匠海(24)、特別賞に元プロ卓球選手の水谷隼(32)が輝いた。