たった一日で人間を変容し絶命させる、不気味なネバネバに寄生される恐怖を描いた感染ホラー映画『ザ・ビーチ』が14日より公開される。

【動画】映画『ザ・ビーチ』予告編

 2019年の秋のブルックリン・ホラー・フィルム・フェスティバルでのプレミア上映で好評を博して以来、ファンゴリア・チェーンソー賞、ロンドハットンクラシックホラーアワード、ストラスブール・ヨーロッパ・ファンタスティック映画祭など数々のホラー映画祭で話題を席巻した作品。

 「落ち着いた始まりから、緊張感を見事に高めていき、最後には今まで味わったことのない恐怖がおとずれる!」(ニューヨーク・タイムズ)、「素晴らしい世界観、壮大な侵略と破壊の巧妙な物語」(Bloody Disgusting)、「最高傑作!観客を十分に満足させる一本!」(バラエティ)、「新たな人類の結末を生み出した!」(RueMorgue)など、有力メディアもこぞって絶賛していた作品が日本に上陸する。

 休暇で田舎の美しいビーチを訪れた一組のカップルと夫婦。楽しいひと時を過ごしていた矢先、あたり一面を霧が包み込む。海岸には打ち上げられたネバネバの生物、次々に正気を失い肉体が変容していく人々、無線から聞こえた謎のメッセージ――。一体このビーチで何が起こっているのか? 不可思議な出来事に直面する彼らは、やがて何かに寄生された事に気付く…。果たして、極限状態に追い込まれた彼らの運命は?

 ヒロインの大学生エミリー役を『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』のリアナ・リベラトが演じるほか、エミリーの恋人ランドール役でノア・ル・グロス、ターナー夫妻役で『ドーン・オブ・ザ・デッド』のジェイク・ウェバー、『テイク・シェルター』マリアン・ナゲルが出演する。監督は本作が長編デビューとなるジェフリー・A・ブラウン。