女優の高畑充希(30)が主演する、日本テレビ系連続ドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』(毎週水曜 後10:00)第一話が12日放送され、初回平均視聴率の4.8%(個人)、8.9%(世帯)だったことが13日、わかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

【写真】カリスマ上司からムチャブリ!秘書を演じる高畑充希

 今作は「30歳OL、出世欲ナシ彼氏ナシ、でも『今のままでいいのか?』と思い悩む」主人公・高梨雛子(高畑)が「子会社の社長就任」という特大のムチャブリを受けるところから物語が始まる。カリスマ上司とナマイキ部下の間で揺れ動きながら雛子が仕事や恋に体当たりで挑み、女性として成長していく姿を描く。

 第1話では飛ぶ鳥を落とす勢いで成長し続けるベンチャー企業「リレーション・ゲート」の社長秘書・雛子は、カリスマ性のあるが、直感で動く社長の浅海(松田翔太)の“ムチャブリ”に、振り回されてばかりの毎日。おかげで6年間彼氏ナシのまま、30歳を迎えてしまった…。

 そんな雛子にクリスマスイブの夜、いつものように浅海から突然の電話が入る。社内で募っていた新規事業の企画に雛子も応募しろというのだ。いつものムチャブリに雛子はヤケクソで、数年前に出した企画書の年号を平成から令和に書き換えただけで提出する。すると困ったことに企画は採用され、雛子は前ふりもなく、子会社設立の記者会見の場で、突然社長に任命されてしまう。右も左もわからないまま、浅海が買い取った創業50年の老舗フレンチレストランを、1ヶ月でリニューアルオープンするよう命じられた雛子の新米・社長ライフが幕を開ける。