人気グループ・Kis-My-Ft2が出演する13日深夜放送のフジテレビ系『キスマイ超BUSAIKU!?』(毎週木曜 深0:35)では、岩盤浴で出会った女性とのすてきな恋の始め方にチャレンジする。

【画像】SixTONESとKis-My-Ft2のボイス付きスタンプ

 スタジオゲストの峯岸みなみは「(岩盤浴は)リラックスしに行くから、ときめくはずがない場所なのに、そこでときめきが芽生える瞬間があったら、ころっといっちゃうかも」、ゆうちゃみも「岩盤浴は、ギャルの間ではめちゃくちゃはやっていますし、カップルで行くこともあります」とコメントし、メンバーそれぞれの対応へ期待感が高まる。

 北山宏光のVTRでは、岩盤浴で初めて出会った女性・マイコとナチュラルな雰囲気で会話をスタート。しかし、その次に飛び出した言葉に、スタジオは「えー!!!」とドン引きしてしまう。ゲストの小倉優子は「(他の女性にも)同じことを言っているのかな」と超警戒モードに。しかし、ゆうちゃみは「ちょうどいいチャラさがギャルには良かった!」と大絶賛する。一方、二階堂高嗣は、少々おっちょこちょいな自分をアピールして、マイコに近づく作戦を。そのあざとさがマイナスポイントになると思われたが…。

 藤ヶ谷太輔は、いつものかっこいい藤ヶ谷らしいVTRとはちょっと違ったテイストで攻める。マイコにやさしく語りかけて、会話がつながったところまでは良かったのだが…なんとも意味深な終わり方となってしまう。そのエンディングをどう取るかは、見ている人たちに委ねられた形で、峯岸は「私の中では連ドラが始まっていました!」とうれしそうにリアクションをしていたが、なぜかスタジオがざわついてしまう。

 一方、千賀健永のVTRを見た峯岸は、無言でぶるぶると震える仕草を見せ、一般の審査員たちからも「怖い」のオンパレード。千賀は、どうやってマイコに接近したのか。藤ヶ谷は「監督! 久しぶりに見ましたよ!」と、毎回その独特すぎる世界観でやりきる“千賀劇場”をたたえ、多くの女性たちが恐怖を覚えた“千賀劇場”だったが、ここでもゆうちゃみが「ギャルは好き!」と好意的な点数をつける。

 ゆうちゃみの好反応を前に、千賀は、北山とともに「ギャルにハマるタイプなのかな?」と大はしゃぎ。最後に、玉森裕太のVTRが流れると、スタジオの空気が一変し、進行の佐野瑞樹フジテレビアナウンサーが「なんという岩盤浴でしょう」、横尾渉も「イケメンはなんでも許されるんですかね…」と、思わずつぶやいてしまう衝撃の展開が待ち受けていた。

 収録を終え、藤ヶ谷は「すごく難しいテーマでしたが、メンバーが皆しっかり考えて、個性が爆発しているのではないでしょうか?(笑)」とコメント。自身のVTRについては「今回、何も考えずに現場に入りました。その時に感じたこと、現場のリアルなものを取り入れたので、“最後”をどう思っていただけるか…?という感じですね!」と語っていた。