季節に合わせた新作を発売しているスターバックス コーヒー。19日からは、バレンタインに向けて、上から下まで生チョコレートを使用した『トリプル 生チョコレート フラペチーノ』が登場する。ホイップクリームから、ボディ、トッピングにまでチョコ好きにはたまらない一杯に。

【写真】26日から発売の第2弾はホワイトチョコレート 焼きと生の2種を合わせたフラペチーノ

 バレンタインシーズナル第1弾として、本格的な生チョコレート感にこだわった『トリプル 生チョコレート フラペチーノ』。チョコレートの香りと、口どけ良くなめらかでとろけるような舌触りを楽しめる仕様になっている。カップから見えるチョコレートのグラデーションが楽しめるビジュアルもポイントだ。

 また、ホットの『ダブル 生チョコレ―ト モカ』もチョコレートとエスプレッソのハーモニーにこだわったスペシャル仕様のカフェモカだ。チョコレートフレイクを抽出したてのエスプレッソで溶かし、バリスタが1杯ずつ丁寧にスチームしたミルクを合わせている。飲み進めるごとに溶けていく、トッピングの生チョコレートホイップやチョコレートフレイク、生チョコレートソースを楽しむことができる。

 『トリプル 生チョコレート フラペチーノ』はTallサイズのみ、持ち帰り668円、店内利用で680円、『ダブル 生チョコレート モカ』(ホット)は持ち帰りShort501円からVenti618円、店内利用Short510円からVenti630円。販売期間は2月14日までで、なくなり次第終了となる。(価格はすべて税込)