トム・ホランド主演「スパイダーマン」シリーズ最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が7日に公開を迎え、週末土日2日間(1月8日~9日)で動員58万3916人、興行収入9億503万6630円となり、動員・興収ともにコロナ禍における洋画邦画含む実写映画として圧倒的1位の大ヒットスタートを切った(※2020年1月~現在まで)。

【動画】トム・ホランドのインタビュー映像

 初日から10日(祝・月)までの4日間の累計成績は、動員111万5937人、興収16億9168万1940円となり、早くも動員100万人を突破。公開日深夜0時から本編上映が始まる“最速上映”は各地で完売が続出し、映画館に詰め掛けた多くのファンからは「ただ一つだけ言えるとすれば、本作はもう今までのスパイディの映画のなかで最高傑作でした」、「映画館でこんなに泣いたのは久しぶり」、「素晴らし過ぎて夢見てるんじゃないかと思うくらい最高だった!」など、公開初日より“スパイダーマン愛”を語る熱いコメントがSNSに続々と書き込まれ、Twitterでは深夜から1日中「スパイダーマン」がトレンド入りするなど、大反響を巻き起こしている。

 また、全米でも公開4週目となった今週末(7日~9日)もNo.1をキープ。全米における累計興行収入は6億6835万6116ドル(約769億円)となり、『タイタニック』を抜いて全米累計興行収入の歴代6位に。さらに、9日までの全米以外の海外では、累計興行収入8億6750万ドル(約998億円)となり、全米および海外の成績を合計した全世界累計興行収入15億3585万6116ドル(約1766億円)は、『アベンジャーズ』を抜いて全世界累計興行収入の歴代8位に浮上。全米におけるオープニング3日間の興行成績が『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を抜いて歴代2位でスタートした本作は、公開からわずか4週間にして映画界の歴史に残る驚異的な快進撃を続けている(※1/11付Box Office Mojo調べ、1ドル=115円換算、1/11現在)。

 また全世界で熱狂を巻き起こしている本作について、スパイダーマン/ピーター・パーカーを演じたトム・ホランドのインタビュー映像も到着。ドクター・ストレンジの危険な呪文によってマルチバースの扉を開いてしまった本作は、呼び寄せられた歴代ヴィランたちとの行方が注目されているが、トムは「これまではスパイダー“ボーイ”だった。この映画では決断力のあるスパイダー“マン”になり、アベンジャーズの一員として立ち上がる。シリーズを通じて着実に成長しているんだ」と一人の人間としてのピーターの成長が描かれていることも本作の魅力だと語っている。

 1作目の『スパイダーマン:ホームカミング』ではヒーローとして活躍したい一心で子どもっぽい行動も目立ったスパイダーマンだが、前作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』では自身の正体が世界中に明かされてしまい、周囲の人々まで危険に巻き込んでしまったことで大きな責任を感じるピーター。その成長物語に、過去のシリーズへのリスペクトも満載のノスタルジックさなど、まさに“すべての映画への賛歌”とまで言われる本作について、トム自身も「僕は出演しているし、2回見たけどまだ観足りない」と語っている。