“八百長疑惑”で騒動が拡大している『RIZIN.33』でのYouTuberのシバター(36)VS元K-1王者の久保優太(34)の一戦について、RIZINのCEOである榊原信行氏が11日、YouTubeでコメントを発表。両者をRIZINから追放すべきという声に対して「処分する考えはまったくない」と明言した。

【動画】「RIZINの6年の歴史、八百長なんて一試合もない」榊原信行CEO、シバターVS久保優太の騒動に言及

 この一戦について「ピュアな久保がシバターの術中にはまってリングに上ったように見えた」と見解を示し、「シバターは品性下劣でスポーツマンシップのかけらもないけど、スポーツをやる気がない」と改めて分析。試合前に選手同士が直接コミュニケーションを取ることについては「今後は契約書の中に禁止条項として入れたい」と語った。

 また、両者がリング上では台本のない戦いが繰り広げられたと振り返り、「ここから学んでおおくの是正することはあるけど、彼らを処分する考えはなったくない」「彼らを受け入れた以上切り捨てるとか、一方的に彼らに責任を押し付けて事が収まるとは思っていない」と伝えた。

 また、今回の騒動で気になったこととして、影響力のある人のSNSでの発表について「ルールを設けるべき」と持論を展開。「登録者数や再生回数を増やすために、久保選手のことを考えていない意見を発信していることによって、今回の件がさらに複雑化し、選手やプロモーターの考え方に影響を及ぼすようになった。今回のRIZINに限らず、一定のモラルを持ってSNSでの情報発信を」と呼びかけた。