タレントの指原莉乃が10日、成人式を迎えたHKT48の“なこみく”こと矢吹奈子と田中美久に向け、自身のツイッターで「なこみくちゃん成人おめでとう〜信じられないよ〜」と祝福のメッセージを送った。

【写真】艶やかな振袖を披露した新成人“なこみく”

 指原は「なこちゃんみくちゃんに、成人おめでとうのメッセージを送ろうと思ったら、私含めた3人のグループラインが既にあって、そのグループ名が絶望的にダサかった」と明かし、LINEのグループ名「いぇーーい」のスクリーンショットを公開。続けて「なこみくちゃん成人おめでとう〜信じられないよ〜」と感慨ひとしおの様子でメッセージを送った。

 田中は引用リツイートで「さしこちゃんありがとうございます」とお礼を伝えると、「このライングループの名前考えたの私です」と自己申告。矢吹は「ありがとうございます いぇーーい」とグループ名を交えながら感謝のリプライを送った。

 この日、福岡・住吉神社で成人式記念撮影会を行った矢吹と田中は、2013年に小学6年(12歳)でHKT48の3期生として加入した同い年の同期。当時から“なこみく”コンビとして人気を集め、48グループのメンバーやファンに子どものようにかわいがられてきた。

 2016年の『第67回NHK紅白歌合戦』では、AKB48の出場メンバー48人を決める一般投票で「紅白選抜」入りしたにもかかわらず、当時中学3年だった2人は午後9時以降の出演ができず、パフォーマンスに参加できなかったエピソードも思い出される。

 なこみくの成長を見守ってきたファンはSNSで「なこみく成人おめでとう 初めてなこみくを見た時はまだ小6だったのにもう20歳って!」「あの赤ちゃんだったなこみくが成人式」「なこみくが成人とか感慨深い…」「HKT48の新成人がなこみくしかいないことも尊いのよ」「なこみく成人かー。時の流れは凄まじい。」「なこみくが成人なんて泣いちゃう」と、祝福とともに驚きの声も入り混じっている。