ABC・テレビ朝日系で放送中(毎週日曜 前8:30)の人気アニメ『プリキュア』新シリーズ第19弾となる『デリシャスパーティ◆プリキュア』(◆=ハートマーク)が、2月6日より放送されることが9日、発表された。今作のモチーフは食事や料理など「ごはん」となり、テーマは「ありがとうの気持ち」「シェアする喜び」、キーワードは「ごはんは笑顔」。世界中のおいしい料理が集う街・おいしーなタウンを舞台に、新たなプリキュアの物語が描かれる。

【画像】キュートさ溢れる新プリキュア!公開された設定画や担当声優たち

 キャラクター・キャスト情報も発表され、のびのびとした真っ直ぐ元気な中学2年生で、自宅は定食屋の和実ゆい(なごみゆい)/キュアプレシャス役を菱川花菜。「ごはんは笑顔」というおばあちゃんの言葉を大切にしており、エナジー妖精のコメコメに力をわけてもらい「キュアプレシャス」に変身する。

 クールビューティでおしゃれ、メイクやカワイイものが大好きな中学2年生で、自宅は高級レストランの芙羽ここね(ふわここね)/キュアスパイシー役を清水理沙。好きなパンはカレーパンとハートパンで、エナジー妖精のパムパムに力をわけてもらい「キュアスパイシー」に変身する。

 よくしゃべるキュートな中学2年生で、自宅はラーメン屋の華満らん(はなみちらん)/キュアヤムヤム役を井口裕香。エナジー妖精のメンメンに力をわけてもらい「キュアヤムヤム」に変身する。

 彼女たちの力となるマスコット的なキャラクターで、エナジー妖精のコメコメ役を高森奈津美、パムパム役を日岡なつみ、メンメン役を半場友恵が担当。レシピボン捜索隊隊長・ローズマリー役を前野智昭、ゆいの幼なじみ・中学三年生の品田拓海(しなだたくみ)役を内田雄馬、さらに、すべての料理を独り占めしようとする怪盗団で、プリキュアの敵キャラとなる「怪盗ブンドル団」のひとり、ジェントルー役を茅野愛衣が務める。 また、オープニング主題歌「Cheers!デリシャスパーティ◆プリキュア」をMachico、前期エンディング 主題歌「DELICIOUS HAPPY DAYS♪」を吉武千颯が担当する。

 同作は、ふしぎなおいしい世界・クッキングダムである日、クッキングダムが大切に守ってきた全ての“お料理”の作り方が書かれたレシピボンが、怪盗ブンドル団に盗まれてしまう。レシピボンを探しに人間界のおいしーなタウンにやってきたエナジー妖精たちの力を借りて、3人の普通の女の子がプリキュアに変身し、レシピボンを取り戻すため、みんなのおいしい笑顔を守るためブンドル団に立ち向かう。 今作について多田香奈子プロデューサー(ABCアニメーション)は、「本作の大きな柱である【食べる】ということ。私たちにとって非常に身近で大事な行為であると同時に、食事はさまざまなことを学び、たくさんの思い出をつくる場です」とし、「食事と料理=【ごはん】は、生きる上でかけがえのないものであると同時に、日常を彩る大切な要素をたくさんもっているのです」と説明。

 「そんな【ごはん】と【プリキュア】のコラボレーションは、まさに無敵のタッグ」「作る人も食べる人もそこに集う人も、誰もが笑顔になれる無限の可能性を秘めている【ごはん】。本作を通じて、主人公の和実ゆいが大切にしている言葉「ごはんは笑顔」が、きっと皆さんにとっても大切な言葉になるはず」と呼びかけた。

 また、安見香プロデューサー(東映アニメーション)も、「あたたかい気持ちは、きっと笑顔を咲かせてくれる。笑顔を「分かち合う」喜び・楽しさはまた、新たな笑顔を拡げてくれる…。そんな想いを込めて、テーマを<ありがとう>と<シェア>、お話の中心に<ごはん>を選びました」と伝えた。