女優の黒木華が主演を務めるフジテレビ系木曜劇場『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』(毎週木曜 後10:00)の第1話が、6日に放送された。

【写真たくさん】『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』第1話カット

 大手出版社・クスノキ出版の経理部に所属する瀬古凛々子(黒木華)は、他人の気持ちを理解したり、場の空気を読んだりすることは苦手だが、この世界や他者を知りたいという欲求は強く、優れた洞察力を生かしてちょっとした矛盾や誤りを見抜く能力に長けている。経理部では、その厳しいチェックぶりから地獄の番犬“ケルベロス”とも呼ばれている。そんな凛々子の能力を認め、彼女の協力で同期のライバルを蹴落として執行役員となった仁和正樹(安藤政信)は、凛々子にある仕事を命じる。それは、クスノキ出版が運営するニュースサイト「カンフルNEWS」の立て直しだった。

 同サイトには、温厚で争いごとが苦手な放任主義の編集長・山田礼二(生瀬勝久)以下、凛々子と同期で、ひねくれていて口も悪いが人を丸め込むのが上手い根津道春(溝端淳平)、さまざまな女性と広く浅く付き合い、仕事は早いが中身の薄い男・下馬蹴人(野村周平)、『週刊カンフル』の元エース記者だったシングルファーザーの椛谷静司(野間口徹)、少年マンガ誌『ジャンクス』の編集部志望だった一本真琴(石井杏奈)が所属している。だが、その仕事ぶりはといえば、他社のニュースやブログ記事のコメントをコピペしただけの“コタツ記事”ばかりを発信しており、PVは月間50万程度、広告もろくにつかないというお荷物部署状態だった。

 編集部にやってきた凛々子は、月間5000万PVという目標を掲げ、そのために「ゴシップで攻める」という戦略を立てる。そんななか行われた編集会議で、アイドルと人気声優の交際がうわさされるきっかけとなったあるクリスマスパーティーが話題に上がった。そこで、そのパーティーにはゲーム・アプリ会社・グリフィン・ラボの代表や社員たちも出席しており、彼らをパワハラ企業として告発するという投稿があることを知る。

 第1話の放送では、凛々子の「これは経費では落ちません」とのせりふや出版社という設定に注目が集まり「黒木華さんと出版社だと、どうしても『重版出来』が…」「空気を読んでいた凪ちゃんが、空気を読まなくなった」と局の垣根をこえた意見が続々。凛々子の「仕事はクズじゃない、クズなのはそう思っている人」「事実をありのまま書きます」との言葉への共感、仁和(安藤)の存在に対する「絶対ラスボス」などといった推察や、凛々子の過去への予想、ネットニュースへの「こういう客観的な記事を書いてほしい」などの意見も相次いで寄せられた。