女優の満島ひかりが6日、都内で行われた日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』大新年会に出席。全身ピンクの衣装で、さっそうと登場すると「きょうは(自身が声優を務める)ペネロープファッションで、真っピンクで参りました」と声を弾ませた。

【動画】ペネロープ(満島ひかり)とパーカー(井上和彦)のセリフやり取りを披露!

 『サンダーバード』は日本の特撮、ロボット、SFアニメ作品に多大なる影響を与えた伝説的作品として知られているイギリスの特撮テレビドラマ。今作の舞台は、2065年の近未来で、この世界では原子力や電子機器などの進化によって大きく発展した科学技術は、生活を便利にする一方で、ひとたび事故が発生すると大きな被害が及ぶという危険もとなりあわせになっている。そこで元宇宙飛行士であり、その後大きな資本を得たジェフ・トレイシーが、「国際救助隊」を立ち上げ、地球上の各地で発生する災害や事故から人命を救う。

 満島はモデルもこなす貴族の娘で元スパイ、今作の中心人物となる国際救助隊員・ペネロープの声優を担当。「取材などを受けていても『サンダーバード』が好きな方が多くて『この機会に』という感じで、私よりも記者の方が話したいということが多くて(笑)。愛されている作品だなと感じました」とレアな取材経験を打ち明けていた。

 イベントにはそのほか、井上和彦、森川智之、日野聡、樋口真嗣氏、リモートでスティーブン・ラリビエー監督も出席した。