映画『カメラを止めるな!』で撮影監督を担った曽根剛がメガホンを取り、上田慎一郎が脚本を手掛け、“笑いの力”を武器に東日本大震災と真摯(しんし)に向き合ったヒューマンドラマ、映画『永遠の1分。』が3月4日より全国公開されることが発表された。

【動画】解禁された映画『永遠の1分。』特報映像

 本作は、世界が困難に立たされている今、多くの人を前向きにしたいという制作陣の熱い思いのもと、“笑い”がもたらす癒しの力で困難や葛藤を乗り越えていく姿を描く。ユーモアたっぷりの小ネタもテンポ良くちりばめられ、伏線回収はもちろん、制作陣が実際に苦悩したことを追体験することができるエンターテイメント作品。

 主演は、『コンフィデンスマンJP』でダー子たちの執事役で知られるマイケル・キダ。ヒロイン役に、ヒップホップ・シーンでカリスマ的な存在感を誇るラッパーのAwich。主題歌も担当し、そのグルーヴ感あふれる圧倒的な歌声も本作の大きな見どころとなる。

 そのほか、毎熊克哉、ライアン・ドリース、片山萌美、ルナ、中村優一、アレキサンダー・ハンター、西尾舞生、そして渡辺裕之など国際色豊かなキャストが脇を固める。

 解禁された特報映像では、主人公のスティーブが3.11をテーマにしたコメディ映画を撮ることを決意するシーンから始まる。部外者であるアメリカ人がこの題材を扱うことに対して、地元の住民からの反感や週刊誌でのバッシングが起こる中、困難を笑いで乗り越える人々の物語にしようと真摯に向き合っていく。部外者が3.11を題材にした映画を撮るという、制作陣が実際に苦悩したことを作品の中に盛り込み、主人公と一緒に撮影現場にいるかのような気持ちになれる作品になっている。最後のシーンでは、血まみれの姿も!? 果たしてどのような作品に仕上がっているのか楽しみだ。

 ポスタービジュアルも、「不謹慎!? “笑い”を武器に東日本大震災に向き合う!」というリード文とともに、大きなおにぎりが中央に描かれ、真剣な表情であったり、忍者の恰好をしたりする人物の姿を捉える。果たして、コメディの力を信じたスティーブが、映画に込めた思いとは? 曽根監督と上田の名コンビが、この題材をどのように描くのか。単なる感動作にはとどまらないのは間違いなさそうだ。