AKB48のドラフト2期生・西川怜(18)が5日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われたチームA公演でグループからの卒業を発表した。卒業は3月中を予定し、「管理栄養士という道を目指して努力します」としている。

【写真】美少女5人組ユニット「IxR」のメンバーでもあった西川怜

 公演後、グループのブログにコメントを掲載。西川は「本日、劇場にて卒業発表をさせていただきました! 突然の発表で、驚かせてしまい申し訳ありません」と改めてファンに報告した。

 卒業の決断は「決して容易なことではありませんでした」と明かし、「私はアイドルという活動が本当に大好きで、ステージに立つたびに『楽しいな。卒業したくないな。』と思っていました。たくさん悩みましたが、最終的には『将来の目標に向かって、いま一歩踏み出すべきだ』という答えに辿りつきました」と経緯をつづった。

 卒業後については「アイドルとは違う道になりますが、これからは生涯を通して誰かの元気と笑顔に携われるように、管理栄養士という道を目指して努力します!」と伝え、「大好きなファンの皆さんやメンバー・スタッフの皆さんに、残された時間の中でたくさんの感謝と恩返しをしていきたいと思っています。いっぱいいっぱい、アイドル西川 怜を目に焼き付けてもらえると嬉しいです! 楽しい思い出を作っていきましょう!」とファンに呼びかけた。

 西川は2015年5月に行われた『第2回AKB48グループドラフト会議』を経てAKB48に加入。最新の58thシングル「根も葉もRumor」で初選抜入りした。