2022年のはじまりとともに、実写映画『キングダム』の続編・パート2のタイトル『キングダム2 遥かなる大地へ』が発表され、再始動の狼煙が上がった。パート2の製作発表から1年以上、満を持して今年の夏に公開される。馬上で手綱と剣を持つ山崎賢人(※崎=たつさき)演じる主人公・信(しん)の躍動感あふれる姿をとらえたティザービジュアルとスーパーティザーPVも解禁となった。

【動画】映画『キングダム2』スーパーティザーPV

 時は紀元前、中国春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す若き王・えい政(後の秦の始皇帝)を壮大なスケールで描く漫画「キングダム」(原泰久/集英社)を、山崎や吉沢亮らの出演で実写映画化。2019年4月19日に公開された前作は、その年の邦画実写作品で1位となる57.3億円の興行収入を記録し、数々の映画賞にも選出されるなど映画界に大きなインパクトを与えた。

 いざ、続編!とプロジェクトの再始動を目論んでいた矢先に、新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、本作も例外なく当初の制作体制から大きな変更を余儀なくされた。しかし、かつてない環境に置かれながらも製作スタッフやキャストは続編にただならぬ思いを募らせ、撮影は厳戒態勢の中、2020年6月から段階的に日本各地や中国などにて行われ、昨年10月にクランクアップを迎えていた。

 前作に引き続き、佐藤信介が監督を務め、主人公の信役の山崎、えい政(えいせい)役の吉沢、河了貂(かりょうてん)役の橋本環奈、王騎(おうき)役の大沢たかおらキャストも再集結。脚本は前作に続き、黒岩勉と原作の原が担当し、原作者自らが考案した映画オリジナルのシーンやせりふが加えられたという。

 ティザービジュアルの山崎の姿は、前作よりも凛々しさやたくましさが増し、「夢の続きが始まる―」というコピーからも、前作以上のスケールで戦場とドラマが描かれているに違いないと、期待せずにはいられない。同時に公開された映像には、信をはじめとする前作出演キャストに加え、新たな敵(?)味方(?)の姿もチラリと登場。わずか52秒の映像だが、一瞬たりとも見逃せない。

 前作を超えるスケールで中華統一への物語は続く。気になる、本作のストーリー、新キャスト、公開日等は今後の発表となる。2022年キングダムイヤーは今、始まったばかりだ。