■『第72回NHK紅白歌合戦』リハーサル3日目(30日、東京国際フォーラム)
 司会を務める俳優の大泉洋、女優・川口春奈、NHKの和久田麻由子アナウンサーが、報道陣の取材に応じた。

【全身ショット】紳士的なセットアップで登場!紅白への思いを語った大泉洋

 昨年に引き続き、2度目の紅白司会を務める大泉は「大変、光栄に思っております」と感慨深げにあいさつしながら「昨年に比べますと、圧倒的にどこか華やいだといいますか…。去年はどこかに緊張感がただよう紅白でしたが、今年は去年に比べるとステージに応援の人たちが出てきたり、誰かが歌ってるときに我々含め、アーティストが応援できる演出もある。見てて楽しい雰囲気が伝わる紅白だと思います。期待してもらえれば」と笑顔でアピールした。

 初司会の昨年に比べ、気負いも少なく伸び伸びと大役を楽しんでいる様子が、質疑応答だけでも垣間見えた。「楽しいイベントはたくさん用意されている」「手応えはビシビシ感じています」と声を弾ませる一方で「すでにディレクターから『大泉洋さん若干、前に出過ぎ』と言われました」と異例の注意を受けたことも明かし、報道陣の笑いもさらっていた。

 また、自らを「紅白過激派なもので(笑)」と名乗ると「時間にとらわれる必要はないと思っています。こんな楽しいイベントに時間の制約を付けるのはヤボですよ。何で年を越したらいけないのかなと。私はあまり気にしていません」と、大泉らしさ全開のトークで本番での“暴走”も匂わせていた。

 今年のテーマは「Colorful~カラフル~」。今年から「紅組司会」「白組司会」「総合司会」という呼称を全員「司会」に統一した。また、会場のNHKホールが改装工事中のため、東京国際フォーラム ホールAで初開催。NHKホール以外で行われるのは、1972年(第23回)以来49年ぶり。コロナ禍の昨年は史上初の無観客開催だったため、有観客は2年ぶりとなる。