稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人によるABEMAレギュラー番組『7.2 新しい別の窓#46』(来年1月1日 後3:00~10:12)に、作家の林真理子氏が出演することが決定した。

【写真】森且行とともに笑顔を見せる稲垣・草なぎ・香取の思い出4ショット

 林氏が出演するのは、“大の映画好き”であり自身も数々の映画に出演している稲垣が、映画監督や作家をゲストに迎えトークを展開する「インテリゴロウ」。かねてから交流のある2人が、林氏の最新小説『李王家の縁談』を中心にトークを展開する。

 2020年7月に、連載エッセーが「同一雑誌におけるエッセーの最多掲載回数」としてギネス世界記録に認定された林氏。その連載期間は37年にものぼる。コーナー内では、ギネス世界記録をテーマにエッセー執筆に関するトークを展開するほか、タイトルの通り“結婚事情”について描かれている『李王家の縁談』を元に、稲垣による朗読や、結婚観についても深堀りし、作品の魅力に迫る。

 対談を終えて林氏は「けっこう本当のことを喋っているな、要所要所で重要なことをお話していただいたな、と。いつもと変わらず、なんだか格好いいなと思いました」と稲垣の印象を語ると、「本当にいつも本をよく読んでいただいて、本当にありがたいなと思いました。あと、お見合いのセッティングをお願いしますっていうのがおかしかったな」とトーク内容について言及。番組の見どころについても「稲垣さんの、結婚したいけど1人がやっぱりいいなという揺れ動く気持ちを見ていただけたらなと思います(笑)」とコメントを寄せている。

 今回はそのほか、観月ありさ、堺正章、東京オリンピック女子スケートボードの金メダリスト・四十住さくら選手もゲスト出演する。