■『第72回NHK紅白歌合戦』リハーサル2日目(29日、東京国際フォーラム)
初出場となるKAT-TUNは「Real Face #2」を歌唱する。この日、髪色を変えて登場した上田竜也は「NHKなので、ちょっと大人しくしようかなと思って」と照れる。亀梨和也から「2色展開みたいになってる」とイジられていた。

 取材会では亀梨が“今年の漢字”について「僕は『勝』ですね。今年はグループとしてアニバーサリーイヤー。結成の時に『Youたちは漢字で書くと勝運なんだよ』と言われて始まった。世の中の、こういう状況にも打ち勝つという、そこを意識する1年だった」と振り返り、紅白も「勝ちに行きます!」と意気込んだ。

【一覧】『第72回NHK紅白歌合戦』出場歌手 曲順&これまでの出場回数も

 上田は「『運』とか言いたいんですけど、ちょっとおかしなことになるので『続』で。1年の締めくくりで感じることは、15周年もそうですけど、グループをずっと続けていろんなことがあったけど、いろんなことが見えた。感謝の気持ちだったり、こうして伝統ある番組に出演させていただくことの喜びも感じることができた。『継続は力なり』は本当だなと思った」しみじみ。すると亀梨は「ありがとうございました」と締めに入り、順番を待っていた中丸は「待て待て待て。KAT-TUN、2人になっちゃうから。3人目いるから」と人数変遷の多いグループだけに会場は笑いに包まれていた。

 2001年に6人で結成されたKAT-TUNは、2006年3月に「Real Face」でCDデビューし、今年で15周年を迎えた。現在は亀梨和也、上田竜也、中丸雄一の3人で活動している。

 今年のテーマは「Colorful~カラフル~」。司会は俳優の大泉洋、女優・川口春奈、NHKの和久田麻由子アナウンサーが務める。今年から「紅組司会」「白組司会」「総合司会」という呼称を全員「司会」に統一した。また、会場のNHKホールが改装工事中のため、東京国際フォーラム ホールAで初開催。NHKホール以外で行われるのは、1972年(第23回)以来49年ぶり。コロナ禍の昨年は史上初の無観客開催だったため、有観客は2年ぶりとなる。