■『第72回NHK紅白歌合戦』リハーサル2日目(29日、東京国際フォーラム)
 初出場となるKAT-TUNは「Real Face #2」を歌唱する。取材の冒頭でNHKの関係者から初出場の感想を求められた中丸雄一は「しゃべられている方は、どちらにいらっしゃいますか?」とあちこちを探す。ステージ横から質問しており、すでに見つけていた亀梨和也から「15年やっているのに視野が狭い…。『ジャにのちゃんねる』ばっかりやってるから…」とイジって笑いを起こすと、中丸は「前しか見てないから!」と前向きに応じていた。

【一覧】『第72回NHK紅白歌合戦』出場歌手 曲順&これまでの出場回数も

 そして「KAT-TUN的には、デビューして15周年。なんとなく、個人的には、ご縁がない番組だと思った」と本音がちらり。亀梨が「言い方な。ワードセンス」と“注意”すると中丸は「俺、ホントに出たかったの! これ、ドッキリじゃないですよね?」と猛アピールして喜びを表現した。

 15周年の記念の年に初出場。今年の漢字を問われた中丸は「喜」とする。「ただただ喜びの多い1年だった。KAT-TUN的には15周年。これまで周年というタイミングで、ちょっといろいろあって、お祭り的な年を経験したことがなかった。これ、笑うところです。メンバー変遷が激しいグループなので(笑)。お祭り的な年が経験できないモヤモヤを抱えていた。ただ15周年は、周りの皆さんを含めて『KAT-TUNの15周年をきらびやかなものに』という気持ちを感じた。振り返ってみるとツアーもできたし、イベントごともできたし、そのような年になった。その幸せな年の上に、紅白歌合戦が決まった。今年1年は喜び」としみじみと口にしていた。

 2001年に6人で結成されたKAT-TUNは、2006年3月に「Real Face」でCDデビューし、今年で15周年を迎えた。現在は亀梨和也、上田竜也、中丸雄一の3人で活動している。

 今年のテーマは「Colorful~カラフル~」。司会は俳優の大泉洋、女優・川口春奈、NHKの和久田麻由子アナウンサーが務める。今年から「紅組司会」「白組司会」「総合司会」という呼称を全員「司会」に統一した。また、会場のNHKホールが改装工事中のため、東京国際フォーラム ホールAで初開催。NHKホール以外で行われるのは、1972年(第23回)以来49年ぶり。コロナ禍の昨年は史上初の無観客開催だったため、有観客は2年ぶりとなる。