人気グループ・A.B.C-Zの河合郁人、塚田僚一が、3日放送TBS系バラエティー『クイズ!倍買』(後11:25)に出演する。宮下草薙、空気階段も参戦する今回は『フレンドチケット』と題し、各チームに頼もしい助っ人(=フレンド)に相談できる新システムを導入。河合&塚田チームにはメンバーイチの博識である戸塚祥太が助っ人として登場する。雑学に強いという戸塚は、切り札としてどのタイミングで出てくるのかも見どころとなる。

【写真】番組MCを務めるバナナマン

 第4弾となる同番組では、1問正解するごとに賞金が倍になり、“すべて選択肢問題”の全9問が出題。問題をクリアするごとに解答の選択肢が増えどんどん難問になっていくが、一度クイズをスタートしたら途中で止めることはできず、間違えた場合はその時点で全額没収となる。MCはバナナマン(設楽統、日村勇紀)の2人が務める。

 「全問正解し賞金を得る」か「全額没収」か、どちらかのゴールしかない同番組最大の見どころは、問題ごとに繰り広げられる設楽と挑戦者との駆け引き。設楽の発言や表情で挑戦者は解答の選択に迷い、自分を信じられなくなることも…。そんな緊張感が増したとき、今回も日村が運営するおなじみの「ヒムラヤ」が登場する。

 獲得した倍買コイン(=賞金)と引き換えに、クイズを有利に進めるためのアイテムを購入することが可能に。アイテムの購入は挑戦者の判断に委ねられるが、手元の獲得金額と残りの問題数を考慮して決めなければならない。アイテムを購入せず最後の問題までクリアすると、獲得賞金はなんと1536万円となる。

 今回は「(挑戦者が)絶対見たことがある」問題をラインアップ。番組では挑戦者たちを調べ、普段から目にしているものや得意なことをクイズ問題にしている。挑戦者たちにとっては圧倒的に有利な問題が出る可能性が高くなるが…。

 河合と塚田は「自分との戦い」と意気込むが、問題が進むにつれ意見が割れる事態に。さらに河合は「ヒムラヤさんは敵ですか? 味方ですか?」と迷い、アイテムを買うか、そのままイチかバチかで進むか2人は大混乱。普段は河合が決めることが多いというが、果たして今回のクイズの解答権は最終的にどちらに委ねられるのか。

 収録を終え、河合は「精神的に一問一問追い込まれて、どのように2人で答えを導き出すか難しかったです。自分たちがあまりクイズ番組に出ないのでプレッシャーは相当かかっていました。以前Snow Manの阿部ちゃん(阿部亮平)が挑戦しましたが、あんなにクイズで追い込まれている姿を見たことはなかったので、緊張する番組だと思いながら来ましたが・・・本当に緊張しました!」と振り返る。

 塚田は「問題は普段本当に使っているもの、見ているものが出題されましたが、改めて考えると『あれ?』ってなる思わぬ落とし穴がありました。バナナマンのお2人の言葉は、本当なのか、嘘なのかわからなくなりました・・・。僕と河合で力を合わせて一生懸命頑張りましたので、ぜひご覧いただければと思います!」と翻弄される2人の姿にも注目だ。

 放送に先駆け、挑戦者たちのスペシャルインタビュー動画を同局公式YouTubeチャンネル『YouTuboo』で公開している。