来年1月2日放送のフジテレビ系『有吉くんの正直さんぽ新春SP in秋田・男鹿~波乱ずくめの雪中なまはげ探し!~』(前9:50~11:50)では、有吉弘行、大久保佳代子(オアシズ)、井戸田潤(スピードワゴン)、河北麻友子、現在育休中の生野陽子アナの代わりに、おさんぽファミリーの浜口京子が出演する。

【番組カット】浜口京子は“気合い太鼓”で大暴れ

 あいにく小雨の中でのスタートだったが、浜口の父・アニマル浜口譲りの“気合い”がさく裂。浜口持参の“気合い太鼓”が秋田の空に鳴り響く。これには有吉もお手上げで、波乱の幕開けとなった。

 千秋公園お濠沿いから、城下町を散策した有吉たちは、秋田を代表するお祭り“竿燈(かんとう)祭り”が学べる「ねぶり流し館」へ。地元の方のダイナミックな妙技を見学し、早速一行は、体験をさせてもらうが…。その後、地上100メートル360度パノラマビューの展望タワー「ポートタワー」にのぼった一行は、絶景を眺められるポジションに設置された“とある仕掛け”が施されたカップルシートを発見したが、井戸田を予想外の展開が襲う。

 昼間は恒例のランチぶらり。土崎エリアの住宅街に迷い込んだ一行が選んだのは、古くから地元の人に愛され続ける食堂だった。そし男鹿の伝統的な民俗行事“なまはげ”を目指して電車で移動。男鹿駅周辺を散策し、なまはげに会うため「なまはげシャトル」に乗り込む。山の麓のなまはげゆかりの地に着く頃には、雪も積りはじめ、冬の東北らしさが一気に加速し、100体を超えるなまはげに囲まれながら、いざ、本物(?)のなまはげに会いに行くが、部屋の中からは野太い声や悲鳴が入り混じり聞こえてくる。

 締めくくりは、男鹿半島の最先端・入道崎にある、絶景を長めながら食事ができるレストランへ。あいにくこの日は、吹雪も舞い、水族館に長居してしまったため日も暮れていたのだが、この辺りの漁師めしだという名物・石焼きなべや海鮮料理を堪能する。

 有吉も「街と人も良かったし、メンバーに恵まれた」と充実したコメントを残した、秋田・男鹿のおさんぽ。最後は、新春SP名物“浜口京子の俳句”、そして気合い太鼓も再登場し、全員大爆笑の“浜口一本締め”で幕を閉じた。