テレビ東京では1月3日午前8時30分から『竜兵会VS出川軍オールスター草野球対決2022』を放送する。1月3日の朝8時と言えば日本テレビ系で箱根駅伝の復路中継がスタートする時間。視聴率20%を超えるお正月の国民的スポーツ中継に対抗するため、テレ東は同じスポーツの“野球”で新たな風物詩誕生を狙う。

【番組カット】腕を組みガッツポーズ!健闘を誓いあった上島竜兵&出川哲朗

 今回、駅伝中継に真っ向勝負を挑むのはリアクション芸人界の二大巨塔、上島竜兵と出川哲朗。芸能界でも屈指の野球好きである2人が超売れっ子の仲間たちに自ら連絡を入れてメンバーを招集。ふたを開ければ箱根駅伝に負けず劣らずの超豪華メンバーが名を連ねることになった。

 竜兵会VS出川軍“因縁の対決”は実に8年ぶりの復活。スワローズファン歴40年の出川率いる『ヤバいよテツローズ』と上島率いる、芸能界の一大勢力『竜兵会』がプライドをかけ戦う。 武相高校時代、軟式野球部に所属し『出川ダイスキーズ』という草野球チームを結成し活動していた出川。 一方、太田プロダクションに所属する芸人たちによる草野球の集まりが発展して結成された『竜兵会』。両チームは2013年の神宮球場にて、完全プライベートの環境で、リアルガチ対戦している。出川&松村邦洋が組んだ『抱かれたくない黄金バッテリー』VS上島竜兵の歴史的投げ合いは、10対7で竜兵会が勝利。しかし、微妙な判定がもとで両チームがグラウンドで大乱闘。上島、出川がキスで収める伝説の名シーンが生まれていた。

 このたびの『ヤバいよテツローズ』メンバーは、蛍原徹、堀内健(ネプチューン)、飯尾和樹(ずん)・やす(ずん)、ウド鈴木(キャイーン)、岩井ジョニ男(イワイガワ)、中岡創一(ロッチ)、ゴリけん、せいや(霜降り明星)、粗品(霜降り明星)という所属事務所の垣根を超えた強い絆で結ばれた面々。一方の『竜兵会』は、肥後克広(ダチョウ倶楽部)、寺門ジモン(ダチョウ倶楽部)をはじめ神奈月、松村邦洋、安田和博(デンジャラス)、土田晃之、じゃい(インスタントジョンソン)、スギ(インスタントジョンソン)、ゆうぞう(インスタントジョンソン)、スギちゃん、劇団ひとりら太田プロの後輩たちを中心に構成された。

 メットライフドームで行われた試合は序盤から波乱の展開となり、両チームがヒートアップする場面が多発。負けられない戦いで一触即発の空気のなか期せずして上島&出川のあの名シーンが令和版に進化して誕生。霜降り明星せいやのファインプレーにアシストされコロナが蔓延してから封印されたネタが復活する。

 出川は「このメットライフドームで竜平会と出川ファミリーで試合ができて、しかもそれを番組にしていただけるなんて、まじでうれしいとしか言いようがないですね。出川ファミリー奇跡的に皆スケジュールが合って本当に良かったです。心の底から笑ってるおじさん達の笑顔を見てほしいです」と両チームの健闘に充実の表情。

 上島も「てっちゃんと野球が出来て本当にうれしかった。最高でした。ヤバいよテツローズが豪華メンバーだったから来年は太田プロのビッグ3を集結させます。(8年振りの戦いでしたが?)劇団ひとりが上手くなってたね。見どころはやっぱり皆のチームワークというかリアクション、これに尽きると思います」と満足げだった。