お気に入りの映画の話から、気になるあの人の心の中を少しだけのぞき見る【かけがえのない1本】シリーズ。今回は、2021年12月9日よりNetflixで全世界に配信中の映画『浅草キッド』スペシャル。監督の劇団ひとりさんと主演の柳楽優弥さんに“かけがえのない1本”を聞きました。(※映画のネタバレ要素を含みます)

【動画インタビュー企画】劇団ひとり監督、柳楽優弥さんが登場

■劇団ひとりさんの“かけがえのない1本”は『プリティ・ウーマン』(1990年公開)

 リチャード・ギア、ジュリア・ロバーツ主演、ゲーリー・マーシャル監督のアメリカ映画。物語はビバリーヒルズの夜に始まる。ウォール街の狼として知られる実業家のエドワード(リチャード・ギア)は、ビバリーヒルズで偶然にヴィヴィアン(ジュリア・ロバーツ)という娼婦と出会う。ウォール街の狼として知られる仕事一筋のエドワードにとって、無邪気なヴィヴィアンとの出会いは新鮮で、彼女にとっても彼の住む世界は見たことのない眩しいものだった。二人は一週間だけのパートナーとしての契約を結び、一緒に暮らし始める。娼婦からトップレディへと変貌するヴィヴィアンとの生活は、エドワードの心に変化をもたらして…。

###

【劇団ひとり】『プリティ・ウーマン』は高校生の頃に初めて観たのですが、初めて買ったDVDでもありました。これは繰り返し観たいと思った。30回以上は観ていると思いますね。せりふのやりとりがすごくおしゃれだし、ジュリア・ロバーツがとにかくかわいい。細かい表情まで含めて。娼婦がトップレディになっていく姿が本当に愛らしいです。

 (この動画をきっかけに)観てみようと思った方におすすめなのは、吹替版です。字幕翻訳には制限文字数があるので、吹替版の方が二人の会話をより楽しめる。例えば、借り物の高級なネックレスでドレスアップして出かけるシーンで、字幕版は「今夜はすばらしい夜になりそう」と端折っているんだけど、吹替版では実際のせりふどおりに楽しめる。これからデートに行くのに、「忘れそうだから今言っておく、今夜はすてきな夜だったわ」というジュリア・ロバーツが実にチャーミング。これはぜひとも吹替版で見ていただきたいと思います。

■柳楽優弥さんの“かけがえのない1本”は『浅草キッド』(2021年公開)

 芸人としてだけではなく、俳優、絵画などその才能は多岐に渡り、映画監督・北野武としては“世界のキタノ”と呼ばれ、まさに日本を代表する“唯一無二の天才”であるビートたけしの自伝的著書「浅草キッド」を、ビートたけしを愛してやまない劇団ひとりの監督・脚本により映画化。

 劇団ひとり初監督作品『青天の霹靂』(14年)に続いて2度目のタッグとなる大泉洋、そして柳楽優弥を主演に迎えて、昭和40年代の浅草を舞台に、天才ビートたけしの原点であり、師匠・深見千三郎と過ごした日々を描いていく。

【柳楽】もともと「浅草キッド」という曲(ビートたけしが作詞・作曲・歌唱した楽曲)も、原作になった小説も大好きだったんですけど、この映画を観終わった後、この作品に出れて本当にうれしく思いました。劇団(ひとり)監督は「すごい」と思いましたし、撮影では大変なこともありましたが、ついて行ってよかったと感じることができて、何回も観てしまいました。これは初めてのことかもしれないです。自分が主演した作品を何回も観ているな、だいぶ気に入っているんだな、ってふと我に返って思いました。

 丁寧に人物を描写しホロリと泣かせるところもあるのに、エンターテインメントとして面白い。そして、たけしさんのサクセス・ストーリーでもあるので、ちょっと閉塞感のある今の時代に見ると勇気をもらえるというか、背中を押してもらえる、そういう感覚にもなれました。

 僕のこれまでの出演作には、ヘビーな内容の作品が多かったのですが、ようやく気づいてもらえた、というか、僕のポジティブな一面を引き立たせてくれた監督に感謝しています。

■Netflix映画『浅草キッド』あらすじ

 昭和40年代の東京・浅草。大学を辞めてフランス座のエレベーターボーイをしていたタケシ(柳楽優弥)は、数々の人気芸人を育ててきた深見千三郎(大泉洋)に弟子入りを懇願。ぶっきらぼうだが、独自の世界観を持つ深見からタップダンスやコントの技術、裏方としての進行、「笑われるな、笑わせろ」といった芸人の矜持に至るまで、「芸ごと」の真髄を叩き込まれていく。

 「芸人だったらいつでもボケろ」という深見の教えに従い、弟子として行動を共にする中で笑いのセンスを磨くタケシは、歌手を目指す踊り子の千春(門脇麦)や深見の妻・麻里(鈴木保奈美)に見守られ、飛躍的に成長する。だが、テレビの波に押され、フランス座の客足は減り、経営も悪化していく。

 そんな中、「外で勝負したい」と考え始めたタケシは、フランス座の元先輩のキヨシ(土屋伸之)に誘われ、漫才コンビ「ツービート」を結成。猛反対を押し切って深見の元を飛び出し、徐々に人気を獲得していく。その一方、時代の流れの中で苦境に立たされる深見。そんなある日、対照的な師匠と弟子の運命が再び交錯する――。

Netflixにて全世界独占配信中
https://www.netflix.com/浅草キッド