大みそかの格闘技イベント『Yogibo presents RIZIN.33』(さいたまスーパーアリーナ)の対戦カードが25日、都内で行われた記者会見で発表され、今大会を持って『RIZIN』を卒業する那須川天心選手(23)と、『PRIDE』元ライト級王者・五味隆典選手(43)のエキシビションマッチが実現することがわかった。

【動画】笑いありの会見映像!那須川天心が五味隆典への思い語る

 那須川選手は「公式の形で試合をすると考えて、ずっと調整していたんですけど、相手が見つからないというか、オファーしても断られてしまって、ちょっと悲しくなった」と経緯を振り返り、「五味さんとだったら最高の引退ができる。まさか『RIZIN』で『PRIDE』を体験できると思ってなかったので、興奮しています」と、大先輩への挑戦へ意気込んだ。

 対して、五味選手は「何でここにいるかわかんないぐらい、忙しいというか、よく分かってないです、正直」と急きょの決定だったことを明かしながら、「できる限り一生懸命練習しています」と戦闘モード。

 榊原信行CEOは、那須川の『RIZIN』ラストマッチについて「ワンチャン、武尊選手ともあったけれど、中立であるというのがテーマだったので実現できなかった」と言い、その後も若手の吉成名高選手(20)らにオファーしたものの断られ、「本当に残念」と心境を語った。

 そうした中、那須川選手が「リスペクトも含めて、五味さんとだったらワンチャンある」と提案し、2週間前に急きょカードが決定。約20歳差の戦いとなるが、五味選手は「KOを狙う? それぐらい気持ちでやらないと難しい」と張り切り、那須川選手は「五味さんとであれば、どのルールでも戦えることに光栄」と敬意をこめた。3分2ラウンドで、ボクシングに準じたルールになる。

 『Yogibo presents RIZIN.33』は、フジテレビ系12月31日午後6時から生中継される。