世代を超えて人々を魅了し続ける名作ミュージカルを新たに実写映画化した『ウエスト・サイド・ストーリー』(2022年2月11日公開)のスティーブン・スピルバーグ監督が、制作秘話を明かす特別映像が解禁となった。「長年の夢が実現し、ついに映画化できた」という満足感を漂わせながら、不朽の名作を“今この時代”に描くことについての思いを語っている。

【動画】スティーブン・スピルバーグ監督の特別映像

 これまで数々の名作を世に生み出しハリウッドで歴史を作り続けてきたスピルバーグが、監督キャリア史上初めて手掛けるミュージカル映画となる本作。解禁された映像は、そんな本作に懸ける真剣な思いが伝わってくるようなスピルバーグの撮影中の様子から始まる。

 「私が挑むべきミュージカルをずっと探し続けていました。『ウエスト・サイ
ド・ストーリー』のレコードを10歳の時に聞いて以来、頭から離れません。長年の夢が実現し、ついに映画化できたのです」と、幼少期から常に寄り添っていた物語を、自身の手で映画化することへ喜びを語るスピルバーグ。

 本作では“異なる立場を超えて、私たちは手を取り合うことができるのか?”というテーマのもと、トニーとマリアの燃え上がるような“禁断の愛”が圧倒的なダンスと数々の名曲とともに描かれているが、スピルバーグは「考えの異なる人々の間の分断は昔からあります。ミュージカルで描かれた1957年のシャークスとジェッツの分断よりも、私たちが直面している分断の方が深刻です。5年をかけた脚本づくりの過程で気付いたのです。人々の分断は広がり、もはや人種間の隔たりは一部の人の問題ではなくなった。観客すべてが直面する問題なのです」と、オリジナル・ミュージカルの誕生から60年以上の時を経て、今、再び映画化する意味を語る。

 「あらゆる世代に訴えかける深い物語です。愛はどんな隔たりも埋めてくれます。時代を超えて何度でもこの物語を思い出すことでしょう」と、いつの時代においてもその中にある“愛”が人々を深く感動させることを語っている。