『かもめ食堂』『めがね』でその自然体な演技に女性たちから絶大な支持を得てきた小林聡美を主演に迎え、『愛を乞うひと』で人間の愛憎を真っ向から描いた平山秀幸監督による映画『ツユクサ』が、来年(2022年)GW(ゴールデンウィーク)に公開されることが明らかになった。物語のキーパーソン的な役で松重豊も出演する。

【画像】『孤独のグルメ』でおなじみの松重豊が共演

 隕石が人間に当たる確率は一億分の一。そのありえない出来事に遭遇した主人公・五十嵐芙美(いがらし・ふみ)に訪れる小さな奇跡。今日を、明るく、元気に、つつましく生きる人たちに贈る、ありふれた日常から明日への「希望」を見つける大人のおとぎ話のような物語だ。

 主人公の芙美(小林)は、港のある小さな町で気の良い仲間たちとおひとり様ながらも健やかな日々を送っていた。しかしある夜、どういうわけか車の運転中に隕石にぶつかるというありえない出来事に遭遇する。その日を境に、芙美はうんと歳の離れた小さな親友・航平(斎藤汰鷹※子役)とのたわいもない時間や、この田舎町に越してきた気になる男性・篠田吾郎(松重)との運命的な出会いを通じ、生きていく中でのささやかな幸せを見つけていく。

 緑あふれる小さな町の漁港で、晴れ晴れとした表情で大きく両手を開いてジャンプしている芙美の姿を切り取った場面写真も公開。平山監督は、「とにかく明るい物語を作りたいと、その想いでこの作品を作りました。『ツユクサ』は、日本の田舎のどこにでもある物語。観て頂くそれぞれの方に、自由に映画の世界を感じて頂きたいと思います。ゆっくりと、是非劇場で、ご覧ください」と本作に込めた思いを語っている。