2023年放送の大河ドラマ『どうする家康』の公式ツイッターが23日、徳川家康役で主演する松本潤の映像コメントを投稿した。

【写真】岡田准一、有村架純ら豪華出演者が会見に登場!

 本作への出演の決め手を聞かれた松本は「大きなチャレンジになると思って、そのチャレンジをしてみたいという自分の中の好奇心、チャレンジ精神が一番ですかね。あとは家康という人物も大きいです」と明かした。

 ファンからは「出演を決断してくれてありがとう」「チャレンジ精神の強い松本潤くん素敵です」など、感謝や応援の声が届いている。

 松本が大河ドラマ初出演にして、誰もが知る偉人・徳川家康を演じる今作。『コンフィデンスマンJP』シリーズ、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズなどを手掛けた脚本家・古沢良太氏が初めて大河ドラマを担当する。 

 国を失い、父を亡くし、母と離れ、心に傷を抱えた孤独な少年・竹千代は、今川家の人質として、ひっそりと生涯を終えると思っていた。しかし、三河(みかわ)武士の熱意に動かされ、弱小国の主(あるじ)として生きる運命を受け入れ、織田信長、武田信玄という化け物が割拠する乱世に飛び込む。そして豊臣秀吉、黒田官兵衛、真田昌幸、石田三成と次々と現れる強者(つわもの)たちと対峙し、死ぬか生きるか大ピンチをいくつも乗り越えていく。信長役を岡田准一、秀吉役をムロツヨシ、信玄役を阿部寛、家康の正室・瀬名(築山殿)役を有村架純が務める。