俳優の松坂桃李と女優の葵わかなが23日、『第66回有馬記念』の公開枠順抽選会に出席。今年でJRA年間プロモーションキャラクターを卒業する両者が心境を語った。

【写真】「馬名」の書かれたボールを選択した葵わかな

 スーツ姿で現れた松坂と、赤を基調としたレースのドレスに身を包み登場した葵。司会者から今の心境を聞かれると、「今年も手汗、脇汗、各部位の汗が大量に出る時期が来たなと。それぐらい緊張しますし、重要な役割なので、皆さんの想いを受け止めて責任を果たそうかなと思います!」と松坂。葵は「昨年に続けてやらせていただき大変光栄なんですが、2年目は緊張しないかなと思ったんですが、ここに来たら独特の緊張感で、手が震えだしていますが、ちゃんと務めを果たしたいと思います!」と意気込んだ。

 いよいよ抽選がスタート。まずは葵が、馬名の書かれたボールを選択。そこに書かれていたのは「アカイイト」、次に岡部幸雄氏が「馬番」の書かれたボールを選択した結果、「アカイイト」は「7枠13番」に決定。そして、次は松坂が馬名を選択、岡部氏が馬番を選択した結果、「アサマノイタズラ」は「7枠14番」に決定した。

 その後も抽選が続き、松坂が選択した馬名ボールに書かれていた「アリストテレス」が「6枠11番」に決定。 「アリストテレス」に騎乗する武豊氏に電話中継でレースへの意気込みを聞くと、「毎年このレースは必ず出走したいので、ワクワクします。チャンスのある馬だと思うので、勝てるようにベストを尽くしたいです!」とレースへの意気込みを語っていた。

 次々に出走馬の枠順が確定していく中、最後に残ったのは「ステラヴェローチェ」と「メロディーレーン」。葵が、最後の抽選を開始し引き当てたボールに書かれていたのは「メロディーレーン」。そして馬番抽選の結果「メロディーレーン」は「2枠4番」に、そして「ステラヴェローチェ」は「5枠9番」となり、出走馬16頭全ての枠順が確定した。

 運命の枠順抽選会を終えて、そして、長年務めてきたJRA年間プロモーションキャラクターも今年でラストということで、感想を聞くと、松坂は「長い長い大きな作品をやり終えたような達成感を感じています。そして、本日、大役を務めさせていただき、何より光栄です。本当にありがとうございました」とコメント。

 葵は「私は、3年間参加させていただいたのですが、最初の年が20歳になった年で、自分の今まで知らなかった新しい世界を、CM撮影を通じて一緒に経験していく中で、色んな事が知れてとても楽しかったです。今日こうして大きな役目を終えてホっとしましたが、これからも競馬を一ファンとして見てけたらなと思います」とコメントし、2人とも競馬に出会えたこと、そして抽選会に立ち会えたことを喜んでいた。

<有馬記念(GI)(第66回グランプリ) 枠順確定>
1枠1番 ペルシアンナイト (牡7 Cデムーロ)
1枠2番 パンサラッサ (牡4 菱田)
2枠3番 モズベッロ (牡5 池添)
2枠4番 メロディーレーン (牝5 岩田望)
3枠5番 ディープボンド (牡4 和田竜)
3枠6番 ウインキートス (牝4 丹内)
4枠7番 クロノジェネシス (牝5 ルメール)
4枠8番 ユーキャンスマイル (牡6 藤岡佑)
5枠9番 ステラヴェローチェ (牡3 Mデムーロ)
5枠10番 エフフォーリア (牡3 横山武)
6枠11番 アリストテレス (牡4 武豊)
6枠12番 シャドウディーヴァ (牝5 横山典)
7枠13番 アカイイト (牝4 幸)
7枠14番 アサマノイタズラ (牡3 田辺)
8枠15番 キセキ (牡7 松山)
8枠16番 タイトルホルダー (牡3 横山和)