人気アイドルグループ・櫻坂46の田村保乃が、23日発売の雑誌『FLASHスペシャルグラビアBEST2022年新年号』(光文社)のグラビアに登場。初のシングル表題曲センターに1st写真集発売、さらには初のドラマ出演と飛躍と年となった“エース”が、かわいらしさとカッコよさを披露した。

【別カット】真っ赤なワンピースを着て微笑む田村保乃

 今年8月に1st写真集『一歩目』を発売し、3rdシングル「流れ弾」のセンターに抜てきされた田村。テレビ朝日系バラエティー番組『あざとくて何が悪いの?』の人気企画「あざと連ドラ」にも出演し、活躍の幅を広げている。

 今年の印象に残った話を聞いてみると、写真集の撮影と「流れ弾」MV撮影をあげ「写真集は自分をさらけ出す感覚をつかむきっかけになりました」、さらには「MV撮影はみんな限界突破してあの時点での全力を出し切れたと思います」と成長を実感したことを明かした。

 今回の撮り下ろしではグラビアでは、3種類の衣装を用意。蓄えた表現力を生かし、赤が鮮やかなワンピースドレスで美しさを、水色の部屋着でかわいさを、かっちりパンツスタイルでカッコよさを、とさまざまな表情で魅了する。

 同号にはそのほか、新内眞衣(乃木坂46)、上村ひなの(日向坂46)、豊永阿紀(HKT48)、頓知気さきな、新谷姫加、雪平莉左、本郷柚巴(NMB48)、大和田南那、大森莉緒(ラストアイドル)、沢口愛華などが登場。表紙を飾ったのは乃木坂46の山下美月で、付録は山下の両面クリアファイル。