俳優の古屋呂敏が来年1月15日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『逃亡医F』(毎週土曜 後10:00)でプライム帯連ドラ初レギュラー出演が決定した。メインキャストとして和田聰宏演じるベテラン刑事・筋川の優秀な右腕・野末考正(のずえ・たかまさ)に起用。和田演じる筋川とともに、成田凌演じる主人公・藤木圭介を、警察として追う役どころとなる。

ドラマ『逃亡医F』クランクイン!極寒の船上ロケに挑んだ成田凌

 原作・伊月慶悟氏、作画・佐藤マコト氏による原作コミック(J コミックテラス刊)を実写化。成田は、恋人殺しの濡れ衣を着せられ、逃亡する主人公の天才外科医・藤木圭介を演じる。藤木に残されたのは医師としてのプライド、超一流の技術、そしてわずかな手術道具だけ。極限の逃亡生活の中で遭遇する「彼にしか救けられない患者」たち。追手が迫り来るなか、それでも彼は目の前の命に手を差し伸べる…。

 演じるにあたり古屋は「素直にうれしい気持ちと、原作に対する愛を感じながらオリジナリティあふれる脚本に、この作品の世界で生きられることへワクワクしています」と宗を踊らせ、「正義感にあふれる刑事でありながら、どんな組織にも1人は居るだろうなと思えるような男」と紹介する。

 「すでに撮影が始まっているのですが、松岡昌宏さん演じる八神の気迫と熱さからスタートして、そして上司である和田聰宏さん演じる筋川が出す魅力的な空気感を感じながら、楽しくお芝居をさせてもらっています」と刺激を受けているよう。「濃いキャラクターに囲まれながらも、彼なりの正義をどこまで大切にできるのか今から演じる事が楽しみです」と意気込んでいる。

■古屋呂敏コメント
今回、プライム帯の連続ドラマで初のレギュラーということで、素直に嬉しい気持ちと、
そして自分自身の役に対する責任を感じました。 改めましてありがとうございます。
原作に対する愛がありつつもオリジナリティ溢れる脚本に、この作品の世界で生きられることへワクワクしています。
僕が演じる野末考正は、正義感に溢れる刑事でありながら、どんな組織にも1人は居るだろうなと思えるような男です。
濃いキャラクターに囲まれながらも、彼なりの正義をどこまで大切にできるのか今から演じる事が楽しみです。
すでに撮影が始まっているのですが、松岡昌宏さん演じる八神の気迫と熱さからスタートして、
そして上司である和田聰宏さん演じる筋川が出す魅力的な空気感を感じながら、楽しくお芝居をさせてもらっています。
お二人のハードなアクションシーンがあった次の日に撮影でご一緒したのですが、お二人が「身体が痛えー」と言いながらも、さらに動きのあるシーンを演じていらっしゃったのが印象に残っています。
上司と部下の関係である筋川と野末の関係性や会話は、2人だからこそ生まれる空気感を作れるよう毎シーン大切に撮影に臨んでいきたいと思います。
流れるような展開から生まれる一つ一つの物語をぜひ楽しんでいただきたいです。