女優の綾瀬はるか、上白石萌歌が21日、都内で行われたTBS系スペシャルドラマ『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』(1月2日放送 後9:00)制作発表に登壇した。撮影エピソードについて上白石は「今回綾瀬さんと竹野内(豊)さんと遊園地に行って、ロケをして朝7時くらいから、一番こわいジェットコースターに4回くらい乗って、そういうハードさも楽しかった」と“親子水入らず”で満喫した様子を明かした。

【写真】見つめ合って…笑顔を見せる上白石萌歌&井之脇海

 桜沢鈴氏による4コマ漫画をもとに、2018年7月期に連ドラとして放送した“ぎぼむす”。2020年の正月には連ドラの1年後を描き、今回はスペシャル版として完全新作を送る。

 義母・亜希子(綾瀬)が再建した企業がハゲタカに乗っ取られるが、その男は失くした夫そっくりで…そんな衝撃の直後からスタート。ハゲタカのリベンジと夫そっくりの男・良治(竹野内)への複雑な感情に揺れ動く亜希子。そんな義母を娘のみゆき(上白石)は成長した大人の眼差しで見守る。

 今回は亡くなった夫…ではなくその夫にそっくりの男として、綾瀬と上白石演じる“義母と娘”の前に現れる竹野内豊は「遊園地での撮影はものすごく朝、寒かったんです。なのにお二人は何度も何度もジェットコースターに乗ってらして、すごく楽しんでらしたので…若いなって(笑)」とほほえましげに語りながら「今回は一人ひとりのキャストの方のいままで観たことのない表情がみれるんじゃないかな」とアピールした。

 この日はおなじくメインキャストの佐藤健、井之脇海も登壇。井之脇は「健さん演じる麦田が(自分の前で)ズボンを下ろすシーンがあるんですけど健さんが一生懸命やっていて、モニターチェックした時の、健さんの表情がすごくて…。こんなに真剣にズボン下ろす人がいるんだってツボっちゃって一人で笑ってました。僕の前で健が全力でズボンを下ろす。楽しみにしてほしい」と紹介。佐藤も「僕が脱ぎます」とアピールして笑いを誘っていた。