モデルでタレント、そして女優としても活躍する“めるる”こと生見愛瑠(19)が、4ヶ月に一度の海外ウエディング情報誌『ゼクシィ海外ウエディング 2022 Spring & Summer』(23日発売/リクルート※一部地域を除く)に登場。20歳目前に大人なウエディングドレス姿を披露するとともに、理想のプロポーズについて語った。

【別カット】可愛らしいイメージから一変…モードな花嫁姿を披露した生見愛瑠

 今回の撮影の感想に「普段ウエディングドレスを着る機会なんてないので、めちゃくちゃうれしいなって思いました!」といい、撮影を通じてウエディングドレスのイメージも変わったようで「今まで ウエディングドレスはスカートでふわふわしたものというイメージが強かったのですが、パンツスタイルなどもあることが知れて、とても新鮮でした」と告白。

 普段はかわいらしいイメージの生見だが、今回は大人っぽい花嫁スタイルにも挑戦し「髪をタイトにまとめた スタイルで撮影したモードな衣裳もお気に入り」と大満足の様子だった。

 結婚願望については「今は結婚願望もないので、まだ遠いイメージです」と、19歳の素直な気持ちを吐露。海外ウエディングのイメージは「海外ウエディングはおしゃれなイメージで憧れです。もし海外で式を挙げるならハワイがいい。理想は家族だけでガーデンウエディングを挙げたいですね。ドレスもスタイリッシュなものを着たいです!」と、想像を膨らませて答えていた。さらに「小さい頃は結婚式っておいしいものが食べられる場所だと思っていました(笑)」と、子どもの時ならではの、エピソードも茶目っ気たっぷりに話した。

 結婚は「遠いイメージ」と語った生見。仮に結婚したとして、パートナーはどういう人であって欲しいか聞くと「明るい人が良いです! クールというよりは一緒になって楽しめる人が良いですね。あとはあまり落ち込まない人(笑)私が全く落ち込まないタイプなので似ている人がいいです!」とにっこり。理想のプロポーズは「思い出のある場所で自然な形のプロポーズがいいです。シンプルに、ストレートに、分かりやすく!(笑)」と明かしていた。