ダンス&ボーカルグループ・AAAの宇野実彩子(35)が、4ヶ月に一度の国内リゾートウエディング情報誌『ゼクシィ 国内リゾート ウエディング 2022 Spring & Summer』(23日発売※一部地域を除く/リクルート)に登場。絵画のようなウエディングドレス姿披露し、リアルな結婚観やプロポーズの理想について語る。

【表紙カット】ウエディングドレスを着こなして…自然体な微笑みが美しい宇野実彩子

 撮影場所となった宮古島の美しさに、リラックスした表情を見せた宇野。宮古島の日差しや満開のブーゲンビリアとともに、絵画のような美しいショットを披露した。撮影で何度も着ているというウエディングドレスも「時代や年齢の変化で似合うものも変わってくると感じました 」と話し、今回の撮影で改めて「 ウエディングドレスを着て結婚式やりたい」と感じたそう。今回着用したドレスの中では、マーメイドドレスが印象的だったようで「華やかさだけではない、引き算の美しさが気に入りました」と明かした。

 自身の結婚式のイメージをあまり持っていなかったという宇野だが、今回の撮影で国内リゾートでのウエディング に魅力を感じたといい「国内だから準備もやりやすそう……何より、リゾートの時間の流れや自然の美しさが魅力的で、ウエディングドレスの見え方も違うと思います」と興味津々。「 (国内リゾートの結婚式は)温かい結婚式になりそうで、 妄想が膨らみます! もっと勉強しなくちゃ」と微笑んだ。

 漠然としていた結婚のイメージが、年齢とともに変わってきたという宇野。「人生の中で結婚の幸せを感じたい、家族をつくりたい という気持ちがより強くなってきた」と告白。結婚相手に求めるのは「愛情の深い人」で、自身の結婚への思いが強くなった時が理想の結婚タイミングを語った。そんな宇野の理想のプロポーズについては「ドラマチックに気合を入れてほしいです」と語った。