お笑いタレントのいとうあさこ主演、佐々木想監督の映画『鈴木さん』(2022年2月4日公開)より、予告編が解禁となった。ディストピア映画である本作の「狂った世界」「監視社会」「同調圧力」「格差社会」「理想郷」といった言葉が強調される場面もある。

【動画】いとうあさこ主演、映画『鈴木さん』予告編

 第25回ブチョン国際ファンタスティック映画祭や第11回北京国際映画祭などの海外の国際映画祭で映画賞を受賞し、昨年の第33回東京国際映画祭でも上映され、大きな反響を呼んだ本作。

 予告編は、呪術的な音楽とともに、“カミサマ”の肖像画がゆっくりと映し出され、生い茂る草むらをかき分ける謎の男、のっぺりとした表情をしている3人の中年男性、「鈴木」と口々に発する3人の老婆など、脈絡もなく次々と登場人物が映し出され、不穏な雰囲気を醸し出している。その後、「“カミサマ”の肖像画には礼拝を」「髪の毛は七三分けに」「手首に刻まれた個人番号」など、この国が理想郷たる所以のさまざまな条例や慣習が紹介されている。

 物語の舞台となるのは、現人神である“カミサマ”を国家元首にいただく、とある国では――“カミサマ”が国民の前にその姿を見せなくなってから20年が経っている。少子化対策のため、未婚者徴兵制が敷かれている。国民全員が個人番号で管理されている。この国では、多くの国民がこの国を理想郷だと思っている――。

 そんな、さまざまな法令や条例が施行されているとある国のとある少子化にあえぐ町で、市民投票により、未婚者は市民権を失うという条例が制定される。廃ラブホテルで介護施設を営み、介護士として生計をたてるよしこは、迷い込んできた中年男性と結婚しようとするが…。

 日本で2番目に多い性であり、人口の1.44%を占めるとされる「鈴木」。「鈴木さん」とは誰なのか。「鈴木さん」とは何なのか。多くの人がタイトルから想像/予想しえるいかなる作品世界をも裏切る日本映画としては稀有なディストピア映画。共演に、佃典彦、大方斐紗子、保永奈緒、宍戸開など。