「第34回東京国際映画祭」コンペティション部門でも上映された野原位監督『三度目の、正直』の公開日が2022年1月22日に決定し、予告編とポスタービジュアルが解禁となった。東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次公開される。

【動画】映画『三度目の、正直』予告編

 月島春(川村りら)は、パートナー・宗一朗の連れ子・蘭がカナダに留学し、言い知れぬ寂しさを抱えていた。そんな時、公園で記憶を失くした青年(川村知)と出会う。過去に流産も経験している春は、その青年を神からの贈り物と信じ、今度こそ彼を自らの傍で育てたいと願う。

 一方、春の弟・毅(小林勝行)は音楽活動を続けている。その妻・美香子(出村弘美)は精神の不調を抱え、心療内科医である宗一朗の診察を受けながら、4歳の子を育て、毅の創作を献身的に支えていた。すれ違う優しさとわだかまる不安…。それぞれに「家族」のかたちを求めて生きる彼らだったが、正常と狂気の境目がいつしか緩やかに崩れ始める。

 予告編では、冒頭で青年が公園で倒れているところに、春が近寄り声をかけるシーンから幕をあける。記憶を失った様子のその青年を、春は家に連れていく。記憶を失くし、自分の名前も分からないその青年を、春は「生人」(なると)と名付け、自分の傍に置こうとする。

 続くシーンでは、春の弟、毅と妻の美香子、2人の子どもとの生活が描かれる。毅は「体調大丈夫か?」と妻の様子を気にかけてはいるが…。心療内科では無理して、家族、毅を支えようとする献身的な姿を医者にたしなめる姿も同時に描かれる。

 そして、春のシーンに戻り、生人に向かって、7年間一緒に暮らした連れ子の蘭がカナダに留学して、その寂しさが拭えないのだ、と語るが、その話をさえぎるように、生人が「気持ち悪い」と春に告げる…。錯綜するそれぞれの関係は、果たしてどのように結末を迎えるのか。

 予告編の後半では、毅のライブシーンの様子を垣間見ることもできる。毅を演じた小林は、神戸出身のミュージシャン。本作では、俳優に初挑戦し、その無骨ながら生々しい存在感も見どころのひとつだ。