俳優の鈴木伸之が主演する、来年1月13日スタート予定の読売テレビ・日本テレビ系プラチナイトモクドラF『ケイ×ヤク-あぶない相棒-』(毎週木曜 後11:59)。このほどカタブツな公安捜査官・国下一狼(鈴木)と“禁断バディ”を組むミステリアスなヤクザの若頭・英獅郎役の犬飼貴丈による4点のキャラクタービジュアルが公開された。

【個別ショット】鈴木伸之&犬飼貴丈が異色タッグ

 原作は講談社「Palcy」にて連載中の同名漫画(「ケイ×ヤク -あぶない相棒-」)で、WEB連載にて1000万PVを突破した話題作が満を持してドラマ化。国下と英の2人は協力し合う関係を周囲から隠すために偽りの“恋人契約”を結んで動き出す。職業も性格も正反対な男たちが、闇に葬られた事件を秘密捜査で追ううちに、次第に巨大な陰謀へと巻き込まれていく。契約で結ばれた2人が挑む、今までに見た事のない“あぶないサスペンス”が開幕する。

 解禁されたのはドラマの見どころが全く違う角度から4つに切りだされたビジュアル。「“美しい”バディ篇」、「“孤独”なバディ篇」ではその世界観をいち早く堪能できるデザインに仕上がった。

 そして「“硬派なバディ”篇」ではまっすぐ前を見つめる2人の瞳が「骨太で本格的なサスペンス」を予感させる一方で、「“あぶない”バディ篇」では互いのネクタイを結び合う2人が描かれ「禁断の関係性」が匂わせられるなど、ビジュアルを通して幅の広いドラマの展開に期待が高まる。