岩谷マテリアルが製造・販売をしているキッチン用品『アイラップ』。食材保存から調理、アウトドアなど様々シーンで万能に使える袋型のラップだ。同商品にかぶせて使える専用ケースが、12月1日より販売される。

【画像】『アイラップ』を彷彿させるオレンジも、カラーは5色展開

 発売から45年となる同商品は、三角形でオレンジ色の箱が目印で、長年変わらぬパッケージで親しまれている。全国展開ながら一部地方で利用者が多く、北陸地方ではおなじみのアイテム。SNSのバズりをきっかけに全国でも機能面が注目され、愛用者が拡大。昭和レトロなパッケージも人気のひとつではあるが、「キッチンで目立たせたくない」という声も少なからず寄せられており、今回専用ケースが開発された。カラーバリエーションは、ホワイト、オレンジ、ブルー、ライトグレー、ダークグレーのシンプルで落ち着いた色合いがラインナップ。

 『アイラップケース』は、パッケージの上からすっぽりとかぶせられ、取り出しやすさをキープ。素材は手になじみやすく柔らかいポリエチレン製、サイズは幅225×95×108mm。対応するアイラップは「60枚入」と「100枚入」となっている。価格はオープン価格。