映画『プライドと偏見』(2005年)、『つぐない』(07年)のジョー・ライト監督が手がける、はかなくも美しい“純愛三角関係”を描くロマンティック・ミュージカル映画『シラノ(原題:CYRANO)』が2022年2月25日(金)より全国公開される。

【動画】映画『シラノ』予告編

 1897年の初演以降、日本をはじめ世界各地で幾度となく上演され、映画化・ミュージカル化されている稀代の名作「シラノ・ド・ベルジュラック」。いつの時代も人々が共感し、感動の涙を誘い、愛され続けている不朽の物語を、ジョー・ライト監督が壮大なスケールで再構築する。

 物語の舞台は17世紀フランス。 主人公の剣豪にして詩人のシラノを演じるのは、HBO制作のテレビドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』でエミー賞やゴールデングローブ賞などに輝いたピーター・ディンクレイジ。さらに、シラノの親友であり思い人であるヒロイン、ロクサーヌを『マグニフィセント・セブン』(16年)などで知られる若手女優ヘイリー・ベネットが、ロクサーヌが片思いをする口下手なクリスチャンをケルヴィン・ハリソン・Jr.が務める。

 解禁された予告映像は、観劇中の舞台天井から「私がシラノ・ド・ベルジュラックだ」とさっそうと登場する騎士シラノ(ピーター・ディンクレイジ)の姿から始まる。「なんと醜い」と暴言を吐く相手との一騎打ちに余裕の剣術を魅せるシラノだが、その華麗な剣豪姿とは裏腹に自分の容姿に自信が持てず、ロクサーヌ(ヘイリー・ベネット)への想いを打ち明けられないでいた。

 ある日、ロクサーヌの片想いの相手がクリスチャン(ケルヴィン・ハリソン・Jr.)と知ったシラノは、ロクサーヌのために2人の仲を取り持つことに。口下手なクリスチャンにかわりシラノが代筆した詩はロクサーヌを魅了し、やがて、3人の関係は複雑に絡み合っていく。

 そんな不朽の純愛三角関係がグラミー賞受賞ロックバンド、ザ・ナショナルが制作したオリジナル楽曲「Someone to say」とともに、躍動感あふれるミュージカルシーンと圧巻の映像美で綴られていく。「ずっと誰かに言ってほしかった。言葉にできなかったこの想いを」と歌い上げる、シラノの恋の物語の行方は?

 あわせて場面写真も到着。シラノとロクサーヌが手を握りながら寄り添う様子やロクサーヌに背を向いてシラノが遠くを見つめているかのような様子、ロクサーヌが思いを馳せるクリスチャンの姿など、本作の美しい世界観を切り取られている。