元KAT-TUNの田中聖(36)が25日、自身のインスタグラムを更新。今月20日に出場を予定していた格闘家の朝倉未来選手(29)が参戦するABEMA『朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』をケガで辞退したことを受け、現状について説明するとともに、過度な誹謗中傷に「法的手段を取らせていただきますのでご了承ください」と伝えた。

<インスタはこちら>誹謗中傷に対して声明を出した田中聖

 田中は「ご心配、ご迷惑をおかけして申し訳ありません」と謝罪し「すぐにでもYouTubeなどで動画をあげるつもりだったのですが、診断書のない状態での動画では意味がないと判断をし、現在診断書を発行してもらっています」と説明。「診断書の発行にも時間がかかるため、動画を出すタイミングが遅くなっている状況です。申し訳ありませんが今しばらくお待ちください」と呼びかけた。

 その上で「DMにてたくさんの意見をいただいております」とし、「賛否両論、自分への厳しいご意見は真摯に受け止めますが、誤解と気付かず『死ね』『殺す』などの過度な誹謗中傷、関係のない家族への誹謗中傷に関しましては、弁護士と相談をし、法的手段を取らせていただきますのでご了承ください」とコメントしている。

 同番組は、朝倉が自身のルーツでもある“ストリートファイト”を舞台に、衣服を着用したまま路上で戦う“喧嘩ルール”で全国から募集した喧嘩自慢を迎え討ち、朝倉に勝利すると賞金1000万円を獲得できる。

 挑戦者1人目は“会津伝説の喧嘩屋”久保田覚、2人目が元モーニング娘。後藤真希の弟で元タレントの後藤祐樹、3人目はBigbangウェルター級現役王者キックボクサーのモハン・ドラゴン。田中は4人目として出場予定だった。

 田中については、20日に同企画を欠場することが発表された。ABEMAの公式ツイッターでは「本日田中さんより『けがのため出場を辞退したい』と申し出があったため欠場となります」と説明していた。