円谷プロダクションは12月18日、来年1月8日、9日の3日間にわたって没入型ライブアトラクション「INTO THE STORY」の第1弾『INTO THE STORY ウルトラマントリガー -超古代の秘宝-』を開催することを発表した。

【写真】ウルトラマントリガーに変身する寺坂頼我演じるケンゴ

 円谷プロが、最新技術をもとに新たなエンターテインメントを創造するプロジェクト『TSUBURAYA IMAGINEERING』(ツブラヤイマジニアリング)による、新しい没入型ライブアトラクションが始動。その第1弾に『ウルトラマントリガー』の公演が決定した。

 「INTO THE STORY」が目指すのは、すべての視聴者が作品世界の一員として物語につながる新体験。従来の映像作品やリアルなライブステージでは表現できなかったインタラクティブなストーリー展開を実現する。

 第1弾公演は、現在テレビ東京系で放送中の『ウルトラマントリガー』につながる物語。全3回の公演には毎回異なるキャストが生出演し、“超古代の秘宝”をめぐる冒険に視聴者を誘う。

 視聴者は、生出演のキャストとのライブコミュニケーションが可能で、ストーリーは視聴者自身の選択によって変化していく。世界を闇に染めようとする者たちとの戦いのなか、ヒーローは問いかける。「輝く未来を築くにはどうすればいい?」その選択こそが希望の光となる。

 配信は、エイベックス・テクノロジーズが運営するライブストリーミングサービス「Z-aN」で実施。12月18日開催の「扉をひらく物語」のチケットは、きょう25日から発売開始。来年1月8日開催の「闇に染まる物語」、1月9日開催の「未来を願う物語」のチケット発売日は後日発表される。