お笑いコンビ・ニューヨークの初冠番組『NEWニューヨーク』(毎週木曜、深1:56)。きょう25日と来週12月2日の2週にわたって、ゆかりのある芸人などが“記者”となって、スキャンダルを追及する“緊急記者会見”企画の第2弾が放送する。クズ芸人として人気急上昇中のお笑いコンビ・相席スタートの山添寛が“緊急記者会見”を開く。

【写真】相方の代わりに謝罪する相席スタートの山崎ケイ

 8月にニューヨークがターゲットとなって、放送された同企画。第2弾のターゲットはクズ芸人・山添となる。スキャンダルで失脚しないよう悪事を今のうちに白状してもらうために、同期のお笑いコンビ・ダイタク、お笑いトリオ・ネルソンズの岸健之助、そしてニューヨークの嶋佐和也が記者となって追及する。

 何も聞かされず会見場に入ってきた山添はビックリ。無数にたかれたフラッシュに多少は動揺しながらも相方の山崎ケイにいざなわれるように着席した。ただ、その態度は記者会見に臨むようなものではなく、屋敷裕政から「クズキャラとして、ブレイク中の山添さんが1番、気をつけなければいけないもの。それはスキャンダル。ということで、芸能界から干されないために週刊誌より先にスキャンダルを放出して釈明してもらいます」企画の趣旨が説明されると、山添は「ないよ。余計なお世話」と怒り心頭だった。

 “記者”から、『某大物芸能人のギャラ横領疑惑』『とんでもない理由で同期芸人と絶縁』などさまざまな疑惑を追及されるもクズの真骨頂を発揮する山添。ついには、ケイとの関係について“不規則発言”ともいえる爆弾を自ら投下し、会場を震撼させることに。はたして山添はちゃんと謝罪してくれるのか?