女優の沢口靖子が主演するテレビ朝日ドラマ『科捜研の女』(毎週木曜 後8:00)。12月2日放送の第7話に、仮面ライダーシリーズで脚光を浴びた実力派俳優の佐野岳と松島庄汰が、被疑者となるアイドル候補生役で登場する。

【写真】沢口靖子とダンスシーンに挑む佐野岳&松島庄汰

 第7話では、人気男性アイドルグループの追加メンバーを決めるオーディションの合宿場で、参加者の1人が殺害される事件が発生。ライバルたちを含む、館内にいる人物の中に犯人が隠れている、という状況に。被疑者の中の1人、松永大我はすさんだ生き方をしてきた自分を変えようと一念発起し、アイドルを目指している異色の存在。事件への関与を否定するものの、思わぬ事実が発覚する。

 大我を演じる佐野は、『仮面ライダー鎧武』(2013年)の主人公・仮面ライダー鎧武/葛葉紘汰役に抜てきされてブレーク。以降も『下町ロケット』(2015年/TBS)、『陸王』(2017年/TBS)などの人気作に出演し、存在感を放っている。昨年4月には自身のSNSで『仮面ライダー鎧武』の主要キャストたちを集めてコロナ禍の子どもたちを励ます動画メッセージを公開し、大きな話題を集めた。そんな“熱きヒーロー”佐野が、アウトローだけど実は努力家という、これまた熱い男・大我として『科捜研の女』をステージに暴れまわる。

 さらに、『仮面ライダードライブ』(2014年)の敵役・ブレン(のちにスピンオフで仮面ライダーブレンに変身)役で注目を集めた松島庄汰は、子役出身のオーディション参加メンバー・大橋剣人を演じる。中国やタイのドラマ出演経験もあり、映画、ドラマ、舞台など多彩なフィールドでキャリアを積んできた松島は、合宿メンバーのリーダー的存在でもある剣人の“和ませキャラ”を、柔らかな空気感で巧みに表現。佐野&松島はほかの候補生役キャストとともに“ダンス審査シーン”にも挑み、気迫あふれるパフォーマンスも披露している。

 捜査が進むうち、きれいごとではすまないメンバー同士の関係が浮上。そして、マリコは真犯人を絞り込むため、被疑者となったメンバーにある“テスト”を決行することに。マリコによる“犯人選抜オーディション”とは、いったい。