第71回トニー賞6部門(主演男優賞、作品賞、脚本賞、楽曲賞、助演女優賞、編曲賞)、第60回グラミー賞(最優秀ミュージカルアルバム賞)、第45回エミー賞(デイタイム・クリエイティブ・アーツ・エミー賞)を受賞したブロードウェイ・ミュージカル「Dear Evan Hansen」を映画化した『ディア・エヴァン・ハンセン』(11月26日公開)より、撮影舞台裏が垣間見えるスペシャル映像が解禁となった。

【動画】撮影舞台裏が垣間見えるスペシャル映像

 解禁となった映像では、自分宛に綴った主人公エヴァンの手紙のフレーズ「Dear Evan Hansen(親愛なるエヴァン・ハンセンへ)」にあわせて、主人公エヴァン役のベン・プラットをはじめ、ニック・ドダニ(ジャレッド役)やコルトン・ライアン(コナー役)、ケイトリン・デヴァー(ゾーイ役)、アマンドラ・ステンバーグ(アラナ役)らフレッシュなキャスト陣たちが登場。

 本作の中で最もポップでキュートな楽曲である「シンシアリー・ミー」の撮影シーンの舞台裏のほか、キャスト陣たちが和気あいあいと撮影に取り組んだ様子が伺える笑顔の絶えない映像となっている。

 主演のベン・プラットは「僕たちはよりよい時代へ向かっている。また人とつながれる世界になりつつある」とコロナ渦を経た今を語っており、現代に生きる若者が抱える悩みを心を込めて表現した新鋭キャストたちの熱演からも目が離せない。